FC2ブログ

嫁に来ないか(2/2)

2018.01.20.Sat.
<前話はこちら>

 いつの間にか中田さんの手に小さなチューブ。それを浣腸するみたいに俺の尻にぶっ指すと中身を押しだした。冷たいものが俺の尻の中に入ってくる。

「なんだよこれ!!」
「ローションです。こっちも媚薬入り」
「そんな変なもん俺に使うなよ!! 仮にも俺のファンだろ!?」
「ファンなんて軽いもんじゃないです。僕の愛は」

 もはや絶句するしかなかった。その隙をつくように中田さんの指が入って来た。

「わあっ!! やだっ、抜いて! 抜けってば!!」
「僕の指、嫌ですか?」
「嫌に決まってんだろ!」
「ここは?」

 ぐりっと中を押された。

「気持ち悪い!! 抜け、この変態野郎!」
「じゃあここだ」
「あっ、う」

 そこを押されて思わず腰が引けた。

「ここ、熱くなってきましたね。媚薬の効果です」

 言わると確かに中がじんわりと熱くなってきた。意識するとかゆいようなピリピリとした刺激もある。

「なにこれ怖い……副作用、大丈夫?」
「安全なものですよ」

 中でグチュグチュと音を立てて指が動いた。俺のちんこをおっ立たせる場所。それが何かは噂程度に知っている。前立腺というやつだ。前立腺オナニーにハマると普通のオナニーじゃイケなくなるとのことだ。

 そんなところを今、媚薬入りローションでグッチョグチョに掻きまわされているのだ。声が出るのは仕方がない。

「あっ、あっ、やだっ、それやだ! グリグリすんな……ッ……ああぁっ!!」
「気持ちよくなってきたみたいですね。また立ってきた。さっきより硬いですよ」

 シュッシュとちんこを扱かれる。

「ああぁっ、出るっ、そんなしたら、出る!!」
「僕に遠慮は不要です」
「やだぁっ、ああぁっ、あんっ、あっ、や、イクッ、イクッ」

 泡立つほどの勢いで前立腺をグチョグチョ掻きまわされながらちんこを扱かれてまさかの三度目の射精。勢いは衰えを知らず俺の胸に飛んできた。

 体を伸ばした中田さんが、その飛沫を舐めとった。

「……変態じゃん」

 俺の素直な罵倒にも中田さんはにこりと微笑むだけ。中田さんは変態の上に鬼畜でもあったようだ。まだ穴を弄り続ける。

「もう、無理……出ないって……」

 と言っているのにまだ中で指を動かし続ける。違和感に気付いた。さっきはイカせる目的で前立腺責めだった。いまはやたら中で指がグネグネと動く。関節を曲げて……、そう押し広げるように。

「まさか、あんた……!!」

 慌てて体を起こそうとしたが、膝を持ち上げられて簡単に仰向けに戻された。

「大澤さん、さっきの話なんですけど」
「な、なに」
「ほんとに僕のところに嫁に来ませんか?」
「来るわけないだろ!!」
「僕、いつまでも待てるタイプなんで」

 さんざん弄り倒された穴にぴたりと肉の感触。

「や、やめ──ッ!!」

 叫んで止めたが無駄だった。ブリュリッと太い肉の塊が押し込まれた。指で広げたのとローションの滑りで意外にすんなり入った中田さんの亀頭。ついに処女喪失。まさかこんな場所、初めて会った素人相手だなんて!

 今まで仕事やプライベートでもゲイやオカマには会ったことはあった。割とまじで口説かれたこともある。既婚のくせに酔うと男にキスしてくる業界人もいた。その時俺は笑って耐えてきた。仕事がなくなるよりはマシだと思って!

 なのに、芸能界でなんの権力も地位もないド素人相手にまさか強/姦されるとは。こんなことなら俺に仕事をくれるプロデューサーあたりに犯られたほうが百倍マシだった!!

 声にならない絶望の絶叫を頭に響かせている間に、中田さんのちんこがグリュッと中で動いた。さらに奥へと押し進められている。太い陰茎部分はさすがに痛みが走った。

「やっ、あああっ……やだっ、抜いてっ」
「すみません、止められない」

 初めて聞いた余裕のない中田さんの声だった。ゆっくり、しかし着実に奥へと入ってくると、中田さんは最後に大きな息を吐いた。どうやら全部収まったらしい。その大きな存在感に俺のほうがびびる。ほんとに全部入ったのかよ。中田さんのちんこだぞ?!

「中、大丈夫そうですね。トロトロに出来上がってる」

 満足げな呟きのあと、恋人に見せるような笑みを浮かべる。その額から汗が滴り落ちた。俺もそうだが、中田さんの体も熱かった。何に催淫剤を入れたのか知らないが、もしかしたら中田さんも飲んでいるのかもしれない。だってちんこがめちゃくちゃ熱いし硬いし太い。

「動きますよ」

 中でその熱くて硬くて太いものが動いた。ようやく落ち着いてきた前立腺をご丁寧にゴリッと擦っていく。そこをやられると半強制的にちんこが立ちあがってしまう。勃起のスイッチがあるとしか思えない。

 ゆっくり引いて、またゆっくり戻って来る。

「はあぁ……はあぁっ……あ、ああぁぁ……ぁ……」

 中田さんのちんこに擦られたところから、じわじわとした熱が体中に広がっていく感じがする。いきなり振り切れるような快感じゃなくて、じりじりと焦らされるような快感だ。これを気持ちいと認めている俺はもう普通のオナニーじゃ満足できない体になっているのかもしれない。いや、催淫剤と媚薬のせいだ。そうに決まってる。

「ああっ、あっ……ああぁ、ん……」
「もっと早く動いて大丈夫ですか?」
「だい……だいじょう、ぶ……」

 なに普通に返事してるんだ俺。でもこんなロースピードな刺激じゃ物足りないのも事実。時間は巻き戻せない。失ってしまった処女も戻らない。先輩アイドルの紹介で一晩寝たことのある女の子たちと同じことをしているだけ。今回は俺が入れられる側だったというだけで、芸能人ならこの程度のお遊びも嗜めてなんぼのもんじゃいと開き直ればいいのだ。

 グチュグチュと音を立てて中田さんが出し入れする。その速度があがる。快感という熱が結合部を中心に波紋上に広がっていく。俺の勃起したちんこは動きに合わせて涎を撒き散らす。

「はぁぁん、あ、あんっ、あはあっ、あああん!」

 信じられないくらい気持ち良かった。催淫剤すごい。素直にそう思う。もう自分が自分じゃないみたいだ。

「やあっ、あっ、あ、中田さんっ、そこ、やだっ、ああぁんっ」
「大澤さんのその顔、ずっと見たかったんです。謝罪会見を見た日から、ずっと好きでした」

 謝罪会見は渡された原稿を丸暗記して、ただそれを言うだけだった。俺は当時18歳。頭が真っ白になって自分がなにを喋っているかもわからなかった。記者からの質問にもしどろもどろだった。逃げだしたい。アイドルなんかやめて普通の高校生に戻りたい。何度も泣きそうになりながら終えた記者会見だった。

 その時の俺を見て惚れるなんて中田さんは相当歪んでる。人に催淫剤飲ませる時点で悪人だとわかっているのに、人の良さそうな笑顔と優しい物言いに本当はいい人なんじゃないかと騙されかけた。

「……中田さ……ぁん……また、出る……俺……ッ……うっ……ああ……またイクッ……」
「いっぱい出しましょう。夜はまだ長いですから」
「ああっ、あ──ッ!! イク──ッ、イッ……ぁ、あ! はあぁああっ……ッ!!!」

 中田さんの腕に指を食いこませながら俺は達した。

 ※ ※ ※

「おはようございます、大澤さん」

 聞き覚えのある声に目が覚めた。いきなりカメラと目が合い、現状の理解に数秒、昨夜の出来事を思い出して一気に覚醒した。
 布団を首元まで引き上げてから自分の体を触った。ちゃんと服を着ていた。パンツもズボンも穿いている。

「お、おはようございます」

 掠れた声は寝起きのせいだと思われただろうか。ゆうべ、一晩中喘いでいたせいだとはバレていないだろうか。こっそり部屋の匂いを嗅いだ。精液の匂いはしていないだろうか。俺自身、臭ってはいないだろうか。麻痺しているのか俺にはわからない。

「ぐっすり眠れたみたいですね」

 スタッフのからかう声に笑い返す。何時に寝たか記憶にない。窓の外が明るくなってからだったのは確かだ。ほとんど気を失うように寝てしまった。居間から寝室にあてがわれた部屋に移っているのは、俺が寝てしまったあと中田さんが運んでくれたのだろう。

「中田さんは……?」
「もう起きてます。朝飯、作ってくれてますよ」

 カメラは俺を撮り続ける。よほどのことがない限り、これがいつかお茶の間に流される。夕方の情報番組のワンコーナーだから主に主婦が、そして学校から帰って来た子供たちも見るだろう。男とセックスした直後の俺の姿を。

 布団から出て居間に顔を出した。中田さんがせっせと朝食をテーブルに並べている。田舎のばあちゃんの朝食だ。腹が鳴った。

「おはようございます、大澤さん」
「お、おはよう」

 何事もなかったかのように中田さんが笑いかけて来る。直視できないのは俺だけかよ。

 顔を洗って歯を磨いた。その頃には朝食の準備が終わっていた。中田さんの向かいに座って手を合わせる。

「「いただきます」」

 俺と中田さんの声がかぶった。思わず中田さんを見る。目が合うと中田さんは笑った。恥ずかしさで顔が熱くなった。周りにスタッフがいる。カメラも回っている。なのに、昨夜の言葉を思い出してしまった。

 ──僕のところに嫁に来ませんか?

 中田さんと二人で暮らしたらこんな朝を迎えるのだろうと、思わず想像してしまったのだ。死にたい。

 食事のあと着替えをして、簡単に部屋を片付けたあと、中田さんとの別れのシーンを撮った。

「また遊びに来てください」

 差し出された右手を握り返すことに一瞬躊躇した。が、カメラの前なのですぐ手を取った。俺の体中を触った手だ。生々しい記憶が一気に溢れ出しそうですぐ手をはなした。

「お世話になりました」
「こちらこそ」

 お辞儀をして、中田さんの家から遠ざかる。いつまでも、いつまでも、熱い視線が体に付き纏っているのを感じた。




スポンサーサイト
[PR]

嫁に来ないか(1/2)

2018.01.19.Fri.
「お疲れさまでした! 今日の撮影はこれで終了になります!」

 カットがかかって箸を置いた。ここは東京から車で二時間弱のところにある普通の民家。夕方の情報番組のワンコーナー「アイドルの手も借りたい!」の撮影のためにやってきた。

 俺を迎え入れてくれたここの主人は農家の前は小学校の教師をしていたらしい。亡くなった祖父のかわりに農業の手伝いをしていたが教師より畑仕事のほうに魅力を感じ、両親の反対を振り切って退職。農業のいろはを教えてくれていた祖母も去年他界し、1人手探り状態で試行錯誤しているところへ俺が呼ばれたというわけだ。

 朝から晩まで土にまみれて本格的な手伝いをしたあと、お風呂に入って夕飯をご馳走になった。俺のためにずいぶん豪勢な食事を用意してくれていた。田舎のばあちゃんを思い出すメニューでお世辞抜きにうまかった。

「それじゃ我々は一旦撤収して、明日の朝また迎えに来ます」

 機材を持ってスタッフが民家から出て行く。

 このコーナーはお手伝いに行った先の人たちとの交流にも重きを置いていて、手伝いをするかわりに一宿一飯をお願いしている。なのでスタッフが全員帰ったあとも俺は一人ここに残らねばならないのだ。

 このコーナーを任されて半年。見ず知らずの人と一晩過ごすくらいもう慣れっこだ。それになんとしてもこのコーナーは存続させなければならない。俺は崖っぷちアイドル。アイドルデュオとしてデビューした一年後、メンバーの小東がなんと大麻所持で捕まった。未成年のアイドルが大麻使用だなんて相当騒がれた。当然小東は解雇、デュオは解散。ソロになった俺の初仕事は小東が起こした不祥事の謝罪会見。

 デビュー曲は歌えなくなり、新曲が出る見込みもなし。まだなんの経験も積んでいなかった俺を使ってくれるところはなく、先輩アイドルのバックダンサーに逆戻り。

 辞めるか続けるか悩み続けて5年が経った頃、バラエティでやっと小さな仕事をもらえるようになった。細々と続けてさらに7年。端役だが舞台やドラマの仕事もくるようになった。

 世間はまだ小東の事件を完全には忘れていない。俺も当時、薬物検査を受けさせられた。シロだと出ても世間は疑いの目を俺に向ける。

 そして30歳を迎えた去年、このワンコーナーが俺に任された。好感度をあげるためなら畑仕事だろうがどんな汚れ仕事だって引き受ける。バラエティで使える印象を残さないと今後の仕事に差し支える。生き残るために俺だって必死だ。

 こうやって訪問した先の人に好印象をもってもらうのも大事だ。今はネット社会。悪口が書きこまれたら俺みたいな力のない芸能人はすぐ消されてしまう。

「ほんとおいしいですね! 中田さん!」

 カメラが止まったとたん、料理を食べなくなったなんて書きこまれたら印象が悪い。なので出された食事は完食を心がけている。

「タメでいいですよ。僕のほうが年下なんだし」

 中田さんは27歳、独身。数年前まで教師だったことが関係あるのか、中田さんはとても柔らかな物腰で言葉遣いも優しい人だ。俺が失敗しても責めないし嫌味も言わない。「疲れてませんか。休憩しますか」一時間毎に声をかけてくれてたんじゃないだろうか。

 たまにものすごく無口な人や意地の悪いことばかり言う素人さんもいるので、中田さんみたいな人はとても助かる。年も近くてしゃべりやすい。

「じゃ、中田さんもタメで!」

 と言いながら中田さんのグラスにビールを注いだ。

「ほんとに泊まって行くんですね。テレビ上の演出だけで、本当は帰ってるんだと思ってました」
「うちはガチですから~」
「大変なお仕事ですね」
「そんなこと! 楽しい時もたくさんありますよ。こうやっておいしい料理を食べられたりするし」
「お世辞でも嬉しいです」
「お世辞じゃなですって。ほんとおいしい。ばあちゃんの料理思い出しますもん」
「料理は祖母に教わったので、そのせいかもしれませんね」
「道理で。懐かしい味だもん」
「良かったです」

 カメラの前ではどことなく表情が硬かった中田さんだが、いまは酒も入ってすっかりリラックスした顔つきだ。こういう顔をしてくれた人は俺のことを悪く言わないでくれる。今までの経験でわかる。

「中田さん、結婚は?」
「ぜんぜんその予定はないです」
「モテそうなのに」
「農家の嫁は大変だってイメージ強いですからね」
「俺は今日一日楽しかったけどなぁ」
「じゃあ、大澤さん、うちに来ませんか?」
「仕事なくなったらここで使ってもらおっかな」
「いつでも大歓迎です」

 ワハハと笑って酒を飲む。ほんとに芸能界で仕事がなくなったら困る。いまさら引退してまっとうな職についたって、元アイドルって肩書は一生付き纏うんだ。

 食事が終わると食器の片づけを手伝った。少し飲み過ぎたようで足がふらついた。

「大丈夫ですよ。大澤さんは先に休んでてください」
「いや。ご馳走になったせめてもお礼です。ほんとおいしかった」
「こんなものでよければ毎日作ってあげますよ」
「中田さんの奥さんになる人が羨ましいなあ」
「なりますか? 僕の奥さんに」
「ええ?」

 冗談に笑いを返す。でも中田さんは笑っていなかった。俺の聞き間違いだろうかと考えていたらいきなり抱きしめられた。

「ちょ、中田さん?!」
「そろそろクスリ、効いてきたかな」
「クスリ?!」

 物騒な呟きにぎょっとなる。

「クスリってなんの……」
「催淫剤」
「さいいんざい……?」
「そうです。エッチな気分になるっていうやつ」

 間近にある顔がにこりと笑う。邪悪さがまったくなくて冗談なのか判断つかない。

「え……嘘だよね?」
「顔が赤いですよ。体熱いんじゃないですか?」

 言われてみれば。さっき暑くてパーカーを脱いだばかりだ。

「え、嘘嘘嘘。嘘でしょ?」
「嘘かどうか、確かめてみますか?」

 中田さんの顔が近づいてきてブチュッと唇が合わさった。茫然としている俺の口を割って中に舌がはいってくる。ベロベロと好き勝手に中を舐められてゾワゾワッと鳥肌が立った。

「んんっ、ちょっ、あ、待ってっ」

 胸を押し返して顔を離す。間髪入れず、今度は股間を揉みしだかれた。

「あっ、ちょっと! 何してんの!」
「ほら、立ってきた。クスリ、効いてるみたいですよ」

 楽しげに中田さんが笑う。俺のちんこを揉みながら。言われた通り、俺のちんこが硬く熱くなってきた。嘘だ。信じられない。

「中田さん! これ、犯罪ですよ!!」
「見てください。もうこんなに大きい」

 ズボンのチャックが下げられて、パンツの中に手が入り込んできた。俺のちんこをぎゅっと握るとシコシコ手を動かす。

「や、やめて下さいって! まじで! 勘弁してくれよ!!」
「先っぽヌルヌルなの、わかりますよね」

 耳元で中田さんが囁く。そんなこと言われたらつい意識が先端へ向けられる。ここだぞと言わんばかりに中田さんが先を弄る。粘ついた水音が聞こえてさらに体温が上がった。

「知り合いにもらったクスリだったんで半信半疑だったんですけど、効果抜群ですね。出さなきゃつらいでしょ? 僕が責任持ってイカせますから」

 確かにここまで育ったらもう出してしまいたい。

「自分でやるって! 中田さん、まじで冗談キツイですよ」

 ロケ先の素人さんを殴るわけにはいかない。俺の好感度、俺の芸能人生を守るために、なんとか冗談で済ませようとしているのに中田さんは手を動かし続ける。だけじゃなく、居間のソファへ誘導するように俺の体を押してくる。抵抗したいが、催淫剤のせいなのか力が入らない。

 中田さんに軽く押されて俺はソファに腰を落とした。畳の上に膝をついた中田さんが俺のズボンとパンツに手をかける。

「ん」

 と目で促される。モメるのも面倒で腰をあげた。すぐさま脱がされ、下半身が露わになった。痛々しい蛍光灯の明かりの下、先走りで濡れ光る俺の勃起ちんこが晒される。昨夜は今日に備えて早く寝た。オナニーもしてない。天を睨みつけるちんこは早く出したくてたまらないと震えていた。

 それに影がさしたと思ったら、中田さんが俺のちんこを口に咥えた。

「中田さん!?」

 俺のちんこを咥える今日会ったばかりの素人男性。

 熱い口腔内に包まれた俺のちんこは危うく発射しかけたがなんとか耐えた。口の中でベロベロと舌が動く。啜りあげ、吸い上げ、頬の肉で扱かれる。うますぎるだろ。

「いやいやいや、駄目だって、中田さん! もうこんくらいにしないと!」

 肩を押してもビクともしない。頭を押さえたらさらに深く咥えこまれて俺は思わずのけぞった。

「はああぁぁ……んっ」

 卑猥な音を立てながら激しく頭が上下する。太ももが我慢の限界を訴えてブルブル震えた。

「なかっ……さん!! まじで! やめ……!! やっ、あっ、ほんと、シャレんなんない……!!」

 腰が蕩けそうな快感に声も弱々しい。制止の声をかけながら本気で逃げるのを躊躇うくらいに気持ちがいい。

「あっ、ああぁ、も……知らね……からっ!!」

 どうとでもなれ! と最後の踏ん張りを解いた。堰き止められていた欲望が一気に管を通って中田さんの口の中へ。あろうことか中田さんはそれをゴクリと飲みこんだ。唇を舐めて上目遣いに俺を見てニコッと笑う。

「中田さん、そっちの人ですか」

 嫌な予感に声が裏替えった。

「僕がまだ学生の頃、風邪ひいて学校を休んでいた時に、ワイドショーでずっと大澤さんの謝罪会見が流れてたんですよ。僕とあまり年の変わらない人が、たくさんのカメラの前で、仲間が犯した犯罪の謝罪と自分自身の身を潔白を訴えて涙ぐむ姿にやられたんです。その時初めて男相手に可愛いとか、いじらしいって感情を持ちました。大澤さんをネタにマスかいたのもその時が初めてです」
「俺でマスかいたの?!」
「それからほぼ毎回、大澤さん一筋ですよ」

 柔和な物腰のままにこりと微笑むが言ってる内容は常軌を逸している。

「そういうの、正直に言ってくれなくていいんで」
「やっぱり実物はいいですね。テレビで見るよりかわいい」

 というと中田さんはまた俺のちんこを咥えた。

「もう! いいって! 中田さんの気持ちはわかったから!! そういうのやめましょって!!」
「まだクスリの効き目、切れてないでしょ」

 中田さんの手がするりとシャツの間に忍び込んできた。しっとり熱い手が脇腹をかすめながら俺の乳首を探し当てコリコリと扱く。今までそんなとこで気持ちいいと思ったことはなかったのに、クスリのせいかつねられたり弾かれたりすると刺激を感じて体がビクビク跳ねあがった。

「あっ、うそっ、やだって! もういいってば!! 気持ち悪い!!」
「僕下手ですか?」

 シャツをまくりあげられた。止める間もなく、中田さんが右乳首に吸い付いた。左乳首とちんこを弄る手も休まず動き続ける。三点同時責めだ。もう何が気持ちよくて気持ち悪いのか、痛いのかくすぐったいのか、わけがわからなくなってくる。

「はあっ、ああん、やだっ、やだって!」
「ほら、立ってきたでしょ。見てごらん」

 先生みたいな口調で言われて素直に見てしまう。俺と中田さんの腹の間に見える復活した俺のちんこ。二回目だって言うのに早い。クスリのせいだ。

「やだ、もう……クスリ、いつ切れんだよぉ……っ」
「二時間ほどです。頑張りましょう」

 にこやかな中田さんはまた俺のちんこをしゃぶった。

「ああっ……だめっ、待って……イッたばっかりだから……!」

 さっきみたいに激しいのじゃなく、中田さんはねっとり優しく俺を舐めた。駄目だ。もうイキそう。

「中田さん、ちょっと待って……はあぁ……あぁ、ん……あっ! ああっ!」

 乳首をキュキュッとつままれて体が小刻みに震えた。ちんこしゃぶられながら乳首をいじられるとバカみたいに気持ちいい。乳首もビンビンにしこっているのが自分でもわかる。

「もお……イクッ……中田さ……、俺、出ます……!」

 予想してた通り、中田さんはまた口で俺の精液を受け止め、ごくりと飲みこんだ。立て続けに二回も出して腰がすごくだるい。胸も苦しい。気持ちいいって、しんどいことなんだな。

「疲れました? 横になりますか?」

 農作業をしていた時みたいに言って中田さんは俺の肩を押した。そのまま俺はソファに仰向けに寝転がった。見知らぬ天井に、俺は何をやっているんだと冷静さを取り戻す。戻したのも束の間、膝を割られたと思ったら尻の奥を指で撫でられて飛び起きた。

「中田さん!!!!」
「無理強いしたりしませんから、安心してください」





【続きを読む】