FC2ブログ

凹の懊悩(2/2)

2016.10.16.Sun.
<前話はこちら>

 今日もホテルに行くのだと思っていたが、連れて行かれたのは先輩が一人暮らしをしているマンションだった。

「適当に座って」

 と言われたので二人掛けの薄いグリーンのソファに腰をおろした。意外に片付いた部屋を見渡していると、目の前のテーブルに発泡酒が置かれた。先輩が無言で「飲め」って顎をしゃくる。

 ちびちび飲んでいる間、先輩は一度玄関のほうへ姿を消し、戻って来ると今度はベランダに出て洗濯ものを取り入れ始めた。毎日こうして家のこともきちんとしているんだろう。意外な一面だった。

「先にシャワー浴びる?」

 取り込んだ洗濯ものを畳んでタンスに仕舞いながら先輩が言った。間が持たず頷いた。

 実家の風呂より若干コンパクトな風呂場でシャワーを浴びた。エネマグラやアナルバイブを捨てられてから尻を弄っていないから、そこは入念に洗った。もう勃起した。

 前回、先輩に自分のアナルを使ってくれと言ったのは、本物のちんこを突っ込まれたらどんなだろうという、純粋な好奇心からだ。

 好奇心はもう満たされている。どんなものか経験したから二度もする必要はない。必要ないのに、なぜ俺は先輩の家でシャワ浣しているんだろう。期待して勃起させているんだろう。アナニーでも充分気持ちいいのに。

 滾る陰茎を握ってしごいた。すぐ射精した。精液を洗い流してから風呂場を出た。

 用意されていたタオルで体を拭く。「俺も」と今度は先輩がシャワーを浴びた。部屋に戻り、ぬるくなった発泡酒に口をつけた。部屋の奥にはベッドがある。黒いベッドカバーだ。なんだかエロい。

 シャワーの音はまだ止まらない。ソファから腰をあげ、ベッドに移った。先輩はここで何人の女を抱いたのだろうか。俺は何人目だろう。男では俺が初めてだろうけど。

 腰に巻いていたタオルを取って布団の中にもぐりこんだ。先輩の匂いがする。待っている間、尻穴に指を入れて解しておいた。また勃起した。

 シャワーの音が止んで先輩が部屋に戻って来た。股間のちんこをブラブラさせながら、濡れた頭をガシガシと拭いている。
 先輩はソファではなく、ベッドに腰をおろした。

「準備できてる?」

 と聞かれたので「はい」と答えた。

「じゃ、やるか」

 先輩が布団をめくる。元気な俺の股間を見て薄く笑った。

「また一回出した?」
「……はい」
「このアナニー中毒」

 からかうように言って先輩は俺の乳首を舐めた。

「ひっ?!」

 予想もしていなかったことをされて間抜けな声が出た。先輩が咽喉の奥でクックと笑う。

「な、なにやってんですか」
「お前の乳首舐めてる」
「それはわかってますけど!」
「乳首舐めながら、お前のちんこ、触ってる」

 言うや、先輩はその言葉通りにした。俺の乳首を口に含んで舌先でレロレロと舐めながら、勃起ちんこを握ってコスコスと扱きだした。

「あっ、なんで、そんな……っ!」
「こっちのほうが気持ちいいと思って」
「そんなのいいですから、早く入れて下さいよ!」
「色気もクソもねえ奴」

 呆れた口調で言うくせに、先輩は楽しそうな表情のままだ。そういう手順を踏まれたらどんな顔をすればいいかわからないじゃないか。凸凹への利益が一致しただけマスのかきあいなのに、俺が彼女へするみたいにやられたら、変な気分になる。

 理恵子の顔が頭をよぎった。これは浮気か? 前回は完全に好奇心だった。オナニーの延長。風俗の代わり。二回目のこれはなんだ? 好奇心じゃない。自慰でも風俗でもない。

 だって、こんなに後ろめたい。

「いいって言ってるじゃないですか!」

 いつまでも俺の乳首を舐め続ける先輩の肩を叩くように押した。先輩が遠慮がちな笑みを見せたので、先輩を傷つけたような申し訳ない気持ちになる。

「……だって! 先輩、ただ穴に突っ込みたいだけでしょ? アナルセックスしたいだけなんだからとっとと突っ込んで終わらせてくださいよ!」
「わかったって」

 やれやれって感じで先輩は体を起こした。前回は気付かなかったが、先輩って胸、広かったんだ。意外に着痩せするタイプだって新発見に、心臓がキュッとなった。

 俺は先輩を男として意識してしまっている。性的な目で見ている。以前はこんなことなかった。優しくて、意外と頼りになって、見かけによらず優秀ではあったけど、女関係にだらしなくて、下ネタ大好きで、面倒見のいい先輩風吹かすところがウザくて、一定の距離を保っていたい相手だったのに。

 そうだ。自分からその線を踏み越えるきっかけを作ってしまったんだ。

 先輩は俺の膝頭に手を置いて左右に開いた。そして中心に、勃起したものをあてがう。

「まっ、待って下さい。後ろ、向きますから」
「いいよ、このままで」
「俺の顔見て、できるんですか?」
「この前もできただろ」
「あの時は酔った勢いで」
「お前のこと、案外可愛いと思ってるよ、俺は」
「なっ」

 なに馬鹿なこと言ってるんですか、気持ち悪い。って普段なら言えるのに今日はなぜか言葉を詰まらせ顔を火照らせている。

「……先輩、すっかりハマッてるじゃないですか。どうするんですか。アナルセックスさせてくれる彼女、なかなか見つからないのに」
「だよなー。お前のせいだぞ。未経験なら憧れのまま夢見ていられたのに、一度味わったら病みつきになっちまったじゃねえか」

 俺で良かったら相手しますよ。のど元まで出かかったけど、出せなかった。さすがにそれは言っちゃいけない気がする。一線どころか、深みに嵌る。先輩にも引かれてしまう。

「このまま入れるぞ」
「あ、はい」

 入れやすいように、自分の膝に腕を通し持ち上げた。先輩の亀頭がぴたりとくっつく。

「忘れてた」

 一度離れていって、また戻って来る。先輩は手にローションボトルを持っていた。そんなものを常備しているとはさすが先輩だ。先輩はローションを陰茎に垂らすとしごいて馴染ませた。

「いくぞ」

 って普段より低めの声で言って、体を前に倒す。亀頭が中に入ってきた。

「あ……はああ……っ!」

 力を抜いて先輩を受け入れる。アナニーしていなかったせいかきつい。先輩が大きいのかもしれない。

 ゆっくりと先輩が中に入ってくる。熱くて、硬くて、男らしい。

「ああっ……先輩……!!」
「うん? きつい?」
「違い、ます……っ……気持ちいいです……!」
「俺も。お前の中、すげえ気持ちいい」

 優しく細められた目にまた心臓がキュッと縮まる。さっきからなんだこれは。まさか先輩にトキめいてるっていうのか? 一度肌を合わせたら、先輩相手でもこんなに意識してしまうのか。軽々しくアナルセックスしようと誘うんじゃなかった。

 リズム良く先輩が腰を動かす。前回みたいにガツガツ突っ込んでくるんじゃなく、俺の様子を窺うような動かし方だ。余裕が感じられる。

 前立腺の場所も覚えているんだろう。さっきからしっかり擦っていく。

「ふぅっ、んっ、あ、ああぁっ」
「ここだろ、お前のいいとこ」
「あはぁっ、はいっ、あっ、あぁんっ」
「ちんこ咥えてる時は、素直だよな、お前って」
「うっ……さい、ですよ……あっ、あっ」

 ガクガクと揺さぶられて、アンアンと声をあげて、頭の中が蕩けて行く。実際、理恵子より喘いでいる。体の中にスイッチがあって、先輩のちんこがそれを押しているんじゃないだろうか。自分じゃないみたいだ。気持ちがいい。玩具をつかったアナニーでは味わえない満足感。

 声を抑えられない。気持ちが走る。どうでもよくなる。殻を破り捨てて、先輩に全部晒したくなる。先輩なら、笑って全部受け止めてくれるような気がする。

「あはぁっ、あっ、そこっ、先輩、そこですっ」
「わかってる。ここだろ」
「ああっ、あんっ、い、いいっ、気持ちい、です、先輩……ッ!!」

 昇りつめる感覚。玩具なら自分で調整できるのに、先輩はお構いなしに容赦なく責めたてる。自分のペースで出来ないから怖い。

「はぁっ、んっ、ああぁあっ、や、ああぁ……先輩、先輩っ……」
「どうした?」

 優しい声で訊ねられて胸の底がくすぐったい。腕を伸ばしたら先輩も顔を近づけて来た。首に腕をまわして引きよせた。先輩に体を押しつぶされるような体勢だが、この苦しさも心地良い。

「先輩……、ゴムつけるの、忘れてますけど」
「あ、そうだったな」
「嘘つき」

 と笑ったら、先輩に口を塞がれていた。乾いた唇を濡らしながら、ぬるりと舌が入ってくる。先にキスしてきたのは先輩だったが完全に俺から誘っていた。

 舌同士が触れ合う。俺からも積極的に絡めた。先輩とのキスは煙草の味がする。副流煙を目の敵にする嫌煙家なのに、先輩の味だと思ったら腰にクル。もうイキそうだった。

 キスしながら先輩が中で蠢く。馬鹿になりそうなほど気持ちいい。

「先輩……っ」

 唾液の糸を引きながら唇が離れる。

「イキそうだろ、お前。すげえ締め付けて来るぞ」
「わかってるなら、動いて下さいよ」
「俺もそろそろだから、一緒にいこう」

 顔の横に腕をついて、先輩が腰を叩きこむ。ベッドも大きく軋む。俺の声と先輩の荒い息遣い。セックスの音だ。背徳のエクスタシーだ。

「だめっ、先輩、俺もう、イキますっ、ああっ、ああぁ、イクッ、出るっ……!!」

 ぎゅっと強く固く抱きしめられた。俺も先輩にしがみついた。ほとんど同時に俺たちは達した。



 シャワーを浴びたが、部屋に戻るのが少し怖いなと思った。また先輩が「やっちゃった。やべえ。どうしよう」って顔をしていたら、前みたいに平然とできる自信がない。なにを言っても虚勢になってしまいそうだ。

 頭にタオルを被って戻った。煙草の匂いがした。先輩はベッドに仰向けになって煙草をふかしていた。前みたいに青い顔をして項垂れちゃいない。

 俺に気付いた先輩が「悪い」と煙草を揉み消した。俺が嫌煙家なのを知っている先輩は、無言で見ていた視線を誤解したようだ。ここは先輩の家なんだから、煙草くらい自由に吸ってくれて構わないのに。

「今日はこのまま泊まっていくか?」
「えっ」

 思いがけない提案に驚く。断るという選択肢は頭になかった。泊まること前提で、その後の不都合や期待や意味を考えていた。

 一線どころか、完全に深みに嵌っている。戻れる気がしない。

 いいんですか、と口を開きかけた時、

「彼女に悪いか」

 と先輩は苦笑いの顔で言った。

 バケツで水をぶっかけられたようだった。もしくは、パラシュートなしで飛行機から突き落とされたような。穴に落ちた上に土をかけられたような。とにかく、目を覚ました先が悪夢だったような気分だ。

「別に。こんなの浮気でもなんでもないですし」
「ははっ、風俗以下だっけ。そんなに割り切れるって、今時の奴は怖いよなぁ」
「割り切ってるのは先輩だって同じじゃないですか。和気さんを口説きながら、俺とヤルこと考えてるんですから」
「口説いてねーって。世間話してただけだし」
「和気さんはケツでやらせてくれるといいですね」

 床に落ちてた服をかき集め、身につける。

「お前なんか怒ってる?」
「怒ってますよ。中出しされて。本当、面倒臭いんですから」
「だからごめんって」
「もう二度としませんから」

 ワイシャツのボタンを適当に留めて、ジャケットは腕にかけた。鞄を拾い上げ、玄関へと向かう。床を踏む足音が乱暴だ。確かに俺は怒っている。最初に誘ったのは俺だ。でも二度目は先輩だ。恋人にするようなセックスをしたくせに、土壇場で理恵子を思い出させるなんて卑怯だ。

 だったら最初から誘うな。キスなんかするな。俺の心を搔き乱すな。

「帰んの?」

 先輩の言葉に呆れて振り返る。帰るよう仄めかしたのはどこのどいつだよ?!

「……お疲れさまでした」

 咽喉から絞り出したような声が出た。部屋を出て、通路を歩く。知らないマンション。知らない場所。通路から見下ろす町並みも見慣れない。この道を、何人の女が往復したんだろう。何人の女が、俺と同じような憤りを感じながら帰ったのだろう。そんな一人になりたくなかった。

 肌寒い初秋の夜。少し冷静になって、やっと理恵子への罪悪感を思い出した。

 これは浮気じゃない。最後の好奇心。先輩の欲求を満たしただけ、俺はアナルセックスをもう一度体験したかっただけ。だから浮気じゃない。風俗以下の、射精行為。

 これで最後。この次はない。今ならまだ、引き返せるはずだ。

 エレベーターに乗り込むと同時にスマホを取り出し、エネマグラと前立腺バイブを注文した。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

凹の懊悩(1/2)

2016.10.15.Sat.
<前話「利害の一致」>

 男子トイレに行く途中の喫煙ルームで先輩を見つけた。派遣社員の和気さんとなにやら楽しげに談笑中。ああ、またか、と内心呆れる。

 見た感じだらしないというか、退廃的というか、やる気なさそうというか、気だるげなのに、先輩は意外や意外、女にモテる。

 積極的に「あの人かっこいいよね」と持て囃される正統派なイケメンではない。ネクタイ緩めがちだし、ガサツだし、いい年して言動がチャラいところがあるから最初は敬遠されがちなのに、一緒に働いているといつの間にか気を許してしまうタイプ。

 好意を持っていると周りに知られたくないが、いざ付き合い出すと優越感を持たせる、そんなタイプの人のようだ。まあ要するに遊び人認定されている。

 そんなあの人と、俺はホテルに行ってしまった。つい先日のことだ。酒で少し気が緩んでいた。アナルセックスがしたいと言われ続けて、アナニーにはまってる俺の尻が疼いた。好奇心に負けた。だから俺のケツを使ってくださいなんて口走ってしまった。

 いくら酒が入っていたからと言って、誰にでもそんなことを打ち明けられるわけじゃない。先輩だったら、断られても誰にも言わずに秘密にしてくれると思ったから、あんな恥ずかしいことを言えた。見た目の緩さに反して、意外とこの人の口は堅い。

 前に、先輩と一緒に昼休憩に行った時のことだ。先輩の携帯にレンタルビデオショップから電話がかかってきた。DVDの返却期限がとっくに切れていて延滞料が発生しているという督促の電話だ。

 先輩は身に覚えがないと答えつつ、借りているDVDのタイトルを聞きだし、他に客のたくさんいる定食屋で恥ずかしげもなく女子高生もののAVタイトルを復唱した。

 食欲が遠のくようなエグくて、汁だくなタイトルばかりを5本。よく借りたな。女子高生好きな事実に若干引きつつ、とぼけているけどこの人が忘れているだけだろうと思っていた。

 数日後、所用で外へ出かけようとしていた俺は、エレベーター近くの非常階段でコソコソしている先輩に気が付いた。

 一緒にいたのは俺の同期の小泉だ。小泉は泣いて詫びていた。「つい魔が差して」だとか「返そうと思ってた」だとか聞こえる。

「防犯カメラの映像見せてもらったらどう見てもお前だから、俺が頼んだっけなーと思って、とりあえず警察に連絡は止めてもらってるから。だから、返しに行く前に俺にも見せろよ。お前のお勧めは?」

 と普段と変わらない先輩の声。延滞していると連絡のあったAVのことだとすぐわかった。おそらく小泉は先輩のカードでDVDを借りたのだ。飲みに行くと人に財布を渡す変な癖のある先輩からカードを盗むのはたやすかったことだろう。

 俺なら絶対許さないが、先輩はそんなことがあってからも小泉と今まで通りに接していた。勝手にカードを使われていたことも、小泉が女子高生好きなことも、一切、誰にも、何も言わなかった。

 一度俺から、あの件はどうなったのかと探ってみたら、酔った時に借りてたみたい、と先輩は何食わぬ顔をして嘘をついた。

 あんなクズな小泉を庇う先輩だから、俺の秘密もきっと守ってくれる、そう思って打ち明けた。先輩が誰かに言った様子はない。誰も俺を変な目で見ない。それに先輩も共犯だ。事が終わったあと、取り返しのつかないことをしたって顔を引きつらせていた人が、自分から際どい話題を振ったりしないだろう。

 煙草を揉み消す先輩が俺に気付いて、目が合った。一瞬、目つきが艶めかしいものになった気がするのは、きっと俺の勘違いだ。セックス紛いの行為をしてしまったから、そう見えてしまうだけだ。

 合わさった視線を逸らし、そそくさとトイレに逃げ込んだ。

 先輩とのあれは、エネマグラやアナルバイブとは違う快感があった。体を合わせながら前立腺を刺激されて、身も心も満たされた。アナニーでは得られないものを得られた。したことを後悔してしまうほど、気持ちよかったのである。困ったことに。

 あれはセックスと言ってはいけない。お互いの利害が一致しただけ。先輩は突っ込みたかっただけ。俺は突っ込まれてみたかっただけ。愛だの恋だの存在しない、凸と凹を擦り合わせただけのマスのかきあいだ。

 用を足し、手を洗っていたら、先輩もトイレにやってきた。

「最近どう?」

 意味のない質問に「まあ、そこそこ」と意味のない返事をする。

「今もまだアナニーやってんの?」
「ちょっと!」

 普通のトーンでなに暴露してくれてんだ、この人は。幸いトイレには他に誰もいないが、もし近くを人が通ったら聞かれてしまうじゃないか。

「訴えますよ」
「で、どーなの」

 小便器の前に立ったまま、先輩が顔だけこちらに向ける。見たくもない隙間に目がいってしまいそうになる。アレが俺の中を……。

「最近はしてないです」
「えー、なんで? 俺のが忘れられないとか?」
「まさか」

 先輩の軽口を鼻で笑い飛ばした。

「捨てられちゃったんですよ。道具一式。彼女に」
「お前彼女いたの? いたのに俺とあんなことしたの?」
「別に浮気じゃないですし。風俗以下でしょ、あんなの」

 ズボンのチャックをあげながら「ひでえ」と先輩が笑う。こちらに来ると水道で手を洗いながら「それで?」と先を促された。

「私に使う気? って、すごい軽蔑した目で見られたから違うって。じゃあ、誰に使ってんのって」
「自分に、とは言えねえよな」
「そしたら、浮気だって騒がれて。あんなにヒステリーだったとは知りませんでした」
「女ってみんなそんなもんだろ」

 あまり選り好みしない先輩はいろんな女を見て来ただけあって達観した台詞を吐く。俺はじっくり相手を観察して、合うか合わないか見極めてからでないと付き合えない。

 今回の彼女だって、真面目で、金使いが荒くなくて、自炊できて、服装もパンツスタイルが多くて、先輩が「小/学生の遠足かよ。なにがおもしれえの?」と馬鹿にした工場見学という俺の趣味にも興味を示してくれる子だったから付き合うことにしたのに。

 人の話をちゃんと聞かないで浮気と決めつけ、「汚らしい!」とヒステリックに叫びながら俺のエネマグラとバイブを捨てた。たまたま親が買い物に出かけていたから良かったものの、家にいたら聞かれていた。

「じゃあ、いつ以来やってねえの?」

 まだこの話題を続けるつもりらしい。内心うんざりしながら指折り数えて「10日ほど」と答えた。

「ふーん。溜まってそうだな」
「別に。普通に抜いてますから」

 横目に俺を見ながらなにやら意味深に笑う。いや、その目に意味があるように、俺が勝手に思いこんでいるだけだ。先輩とあんなことをしたから、やましい勘繰りをしてしまうのだ。これじゃ、何かを期待する女子社員たちと変わらないじゃないか。

「先輩、次は和気さん狙いなんですか?」
「え?」
「派遣の女の人、片っ端から手出してるじゃないですか」
「そんなわけあるかあ」
「わかりやすいんですよ、先輩」
「俺がモテるからってやっかむなよ」

 先輩は俺の肩に腕を乗せ、耳元で囁くように言った。顔のすぐ横に先輩の顔がある。息のかかる距離に。 

 先輩が誰かと深い仲になるとすぐわかる。誰の目にもわかりやすい。やたら距離が近くなって、ボディタッチが増えるのだ。そう、こんなふうに。

 肩に乗る腕を振り払った。

「触らないでくださいよ。ばっちいな」
「ちゃんと手洗ったわ。お前も見てただろ」

 心外な顔つきで先輩が抗議する。俺は視線を逸らして溜息をついた。先輩は無意識なんだろう。体の距離が近づいた分、心の距離も近づいて、他人の髪や体を触るハードルが無いに等しいほどに低くなってしまうのだ。

 だから誰が見てもわかってしまう。俺と先輩がなにをやったか、男同士でも、見る人が見ればバレてしまうかもしれない。それは困る。とても困る。むやみに触らせてはいけない。

「はーん、わかった、そういうわけか」

 顎を撫でながら、先輩がなにやらしったかぶってにやりと笑う。

「なんですか?」
「ここ来る前に溜息ついてただろ。おもちゃを彼女に捨てられて、欲求不満だからだな?」
「溜息?」

 なんの話かわからなくて首を傾げた。

「さっき、喫煙ルームの前通る時に。ハアーっって、でかい溜息ついてただろ」

 言われて記憶を辿る。そういえば、喫煙ルームで和気さんとイチャついてる先輩を見て、またか、と呆れた記憶がある。その時、まったく無意識に溜息が出ていたのかもしれない。

「仕事疲れですよ」
「なんだ。生理かと思った」

 軽蔑の眼差しを向けたら「冗談だって」と先輩は笑った。全然面白くない。

「具合悪いのかと思って見に来てやったんだぞ」

 これでも一応、心配はしてくれたわけか。終始シモの話題だったけど。

「まあなんだ、また付き合ってやってもいいぞ」
「はい?」
「道具がなくて、出来ないんだろ? 欲求不満なら、俺のコレ、使っていいから」

 自分の股間を指さして、先輩はニッと笑った。つい指の動作につられて先輩の股間に視線が行く。あの夜見た先輩のちんこが頭に浮かぶ。尻穴が疼く。

「また道具を買い直すんで、大丈夫です」

 視線を先輩の顔に戻した。顔の内側がじんわり熱い。

「おもちゃより、俺のが良かっただろ」

 愉しげに細められた先輩の目。視線が絡みつく感じがして呼吸が苦しい。

「先輩のほうこそ、ハマってんじゃないですか。そんなに俺としたいんですか」
「俺も溜まってるから」

 ふーん。そういうことですか。俺だと気兼ねなく中出しし放題ですもんねー。冗談じゃない。

「中に出されるのはもうご免です。面倒なんですよ、あれ」
「じゃ、次はゴムつけるよ」
「えっ?」
「いつにする?」
「えっ、あの?」
「今日は? 予定ある?」
「いえ、ないですけど」
「じゃ、今日な。残業すんなよ」

 矢継ぎ早に質問して勝手に決めると、先輩はトイレを出て行ってしまった。遠ざかる鼻歌が聞こえる。

 一度きりのつもりだったのに。先輩もホテルで青ざめていたくせに。なんでまたやるつもりになったんだろう。俺もなんで断らないんだろう。追いかけて「嫌です」って言えばいいだけなのに。

 なに心臓ドキドキさせてるんだ? なに顔赤くしてるんだ?

 鏡に映る俺は、何も答えてくれない。




【続きを読む】