FC2ブログ

利害の一致(2/2)

2016.09.22.Thu.
<前話はこちら>

 井口の腰を掴んで奥までちんこをハメた。解されてトロトロになったアナルは俺のちんこを喜んで迎え入れる。手招きするみたいに吸い付いて、お金絞りとる風俗嬢みたいに絡みついて、引く動作をすると行かないでとキュンキュンと締め付けてくる。たまらんな、これは。

 気持ちよくって夢中で腰を振っていた。押して引いて。引いては押して。抜き差しを繰り返した。

「はぁあっ、あっ、ああっ」

 井口も声をあげた。ちゃんと食ってんのかって心配になるくらい細っこい体。少し骨ばって筋張っているが、女と見えないこともない。しなる背中とか超えろいし。

 これでもまだおもちゃのほうが良いって言えるのか!

 パンパンと音を立てて高速ピストンで責め立てた。ちんこの根本のあたりがびっちゃり濡れた感触がする。泡立ったローションが抜き差しする度飛び散っていた。

「いあっ、あっ、あんっ! だめ……せんぱ、いっ! あっ、あぁんっ」
「オナニーばっかしてないで、生身の人間相手にしろよ」
「はあっ、あ、あいっ、はい! わかり、ま……ぃたあぁん!」
「ははっ、俺のちんこ、気持ちいいだろ?」
「はい! 気持ち、いっ! あっ、先輩のっ、ちんこっ、あっ、あんっ、気持ちいぃですっ」

 やっぱアナルセックスって気持ちいいんじゃないか。なのにどうして歴代彼女は誰もさせてくれなかったんだろう。こいつの善がり狂う姿を見せてやりたい。

「出すぞ、中に」
「ひあぁっ、あいっ、出して、くらさっ……なか……あ、はあぁんっ」

 喘ぎ声が止まらない井口の腰を抱え直し、グボグボと音がするほどちんこを尻穴に出し入れした。中はグチョグチョ。ちんこは熱々。陰嚢はカチカチだ。

 ビュルルッと精液が管を駆け抜けた。灼熱の快感に頭が真っ白になる。ぴったり肌を密着させて井口の一番奥にしっかり注ぎ込んでやった。生中出し最高。

「ああ……いっぱい、中に……っ」
「わかる?」

 小刻みに出し入れして、中に出した自分の精液を攪きまわした。たっぷり奥に溜まっている。グチョグチョと突いていたら、また勃起した。復活が早い。アナル効果だろうか。

「井口、お前、イッた?」
「まだ、ですけど」
「お前がイクまで、動いてやるから」

 井口の体を倒し、上向きにした。戸惑いの表情を見せる井口の片足を持ち上げて、その付け根へまたちんこを突っ込む。ローションと俺の精液とでぬるんと入った。

「せ、先輩……? 顔、見えないほうがいいんじゃ」
「俺はもう一回イッたし」
「俺の顔見て、萎えません?」

 言われてまじまじ後輩の顔を見る。男だ。どう見ても男だ。煙草休憩から戻った俺に「海外じゃ、煙草の匂いをさせてると出世できないそうですよ」って冷ややかな目を向けて来るムカつく後輩の顔だ。

 なのに不思議と萎えない。スカした井口が勃起させてるのが可笑しいし、今日飲みに行くのだって嫌そうな顔したこいつがアナニー中毒だってことも笑えるし、俺にちんこ入れてと言ってくるのも驚きだし、ガンガン突かれまくってアンアン喘いでいるのも、普段の姿からは想像もつかなくて──というか想像したくない──何もかもが、新鮮で、意外で、面白い。

「わりと大丈夫」
「なら、いいですけど」
「キスする?」
「えっ、なんで?」
「雰囲気?」
「嫌です」

 うん。やっぱムカつく。俺のちんこに屈服して女みたいに喘いでいる時のほうが可愛げがある。

 井口の膝を押さえるように広げて、中心に腰を打ち付ける。井口は眉を寄せて顎を持ち上げた。

「ああっ」

 晒されたのど元。噛みつきたい衝動にかられる。あばらの浮き出た平たい胸。色気もくそもねえのに、股間にくるものがあるのはなぜだ。

「はあぁん、ああっ、あ!」

 井口のちんこは俺の動きに合わせてビタンビタンと腹に頭を打ち付けながら、透明な汁を撒き散らしている。触ってないが、このままいけるんだろうか。

「ああっ、先輩……! そこ…っ……もっと、して……くださ……っ!」
「え、どこ、ここ?」
「あひっ、あ、そこっ、そこです……っ、あっ、きもちい……! そこ、あぁんっ、気持ちいいっ」

 枕をぎゅっと掴んで頭を振りながら、井口は気持ちいい気持ちいいと繰り返した。過呼吸を起こしたような息遣いで、その合間に女みたいに喘いで、俺のちんこが気持ちいいと口走りながらキュンキュンに締め付けて来る。  
 
 二度目は予定になかったのに、そんな井口を見てたらまた射精したくなってきた。熱々に蕩けたエロい穴に、何度も肉棒を突きたてた。

「あぁあっ、先輩のっ……おっきいちんこ、俺の……前立せ……んっ、ゴリゴリあたってます! 気持ちいいっ……あぁんっ、あっ、や、きた……! イク、先輩のちんこで俺、イッちゃいます……!!」
「おー、イッていいぞ」

 後輩井口からイクイク宣言を聞かされる日がくるとはな……、感慨深い。

 おもちゃなんかより生のちんこのほうが断然気持ちいいってわからせるために、ガンガンに突きまくった。カウパー出まくりのちんこで、井口の中を掻きまわしてやった。

「はあぁんっ、あ、あっ、あっ! 先輩っ……俺、もう、だめっ……っ……イク、イク……ッ……イッ──……あ、はあああぁっ……!!」

 食いちぎられんじゃねえかって程、きつく締め付けられた。体を硬直させた井口のちんこから白い液体が勢いよく飛び出す。大きく上下する胸にまで飛んだ井口の精液。俺もイキそうになってちんこを引き抜いた。井口を跨いで胸にぶっかけてやった。

 ハァハァと口で息しながら井口はそれを見ていた。文句でも言われるかと思ったが、呆れたように目を逸らしただけだった。

 射精後に襲って来た賢者タイム。なんか色々取り返しがつかない気がして、俺は井口に背を向けながらティッシュでちんこを拭いた。井口はため息つきながら、無言でシャワーを浴びに行った。

 中に出したし、胸にもかけたから、洗い流したほうがそりゃ手っ取り早いわな。

 スーツを着て、ベッドでシャワーの音を聞いていたら、猛烈に帰りたくなった。このあとどんな顔して井口に会えばいいんだ。井口となに喋ればいいんだ。

 ただアナルセックスしてみたかっただけの俺と、ただアナニーにハマッてちんこ突っ込まれてみたくなっただけの井口。オナニー行為の延長と言い張りたいところだが、これ立派なセックスじゃん。男同士の性交じゃん。ただのホモセックスじゃん。どう言い訳すんの。なんで俺、井口相手に一線越えちゃってんの。

 口から深くて長い溜息が出た。やっちゃったって後悔の念しかない。

 そうこうして井口がバスルームから出て来た。タオルで体を手早く拭きながら、俺に一瞥くれて、フフンって感じで鼻で笑った。

「なんだよ」
「やっちゃった、やべえ、どうしようって顔してるんですもん」

 お見通しかよ。

「お前はなんでそんなに平然としてんの」
「正直、期待値上がりすぎてました。こんなもんかって感じですかね」
「めちゃくちゃ喘いで善がってたじゃねーか」
「一人でしてる時の方がもっとすごいですよ」
「ほんとかよ……」

 あれ以上に乱れるわけ? 想像したら無意識に生唾飲みこんでいた。

「嘘ですよ」

 すぐ信じる俺を嘲笑うように、井口は唇を歪めた。こいつほんとに可愛くねえわ。ベッドの上でちんこ突っ込まれてる時のほうがよっぽどいい。

「このこと、誰にも言うなよ」
「言いませんよ。先輩こそ、あることないこと、言いふらさないでくださいよ。そんなことしたら法的処置取りますから」

 バスタオルを取って、井口も服を身につけた。さっきまで素肌で密着していたその体から、なんとなく目を離せないでいる。

 ワイシャツのボタンを留め、ネクタイを締め、ジャケットを羽織ると井口は俺に向き直った。

「出ましょうか」

 業務用の顔で言う井口に、いつものように財布を渡した。受け取りながら井口が微苦笑を浮かべる。

「いつも俺に財布渡しますけど、彼女にもそうなんですか」
「そうだな。小銭出すの面倒じゃん。ポイントカードなんかもややこしいし。人に任せちまう」
「盗られたりしません?」
「前に一度、金抜いた女いたな」
「学習しないんだか、お人よしなんだか」

 軽く肩をすくめながら、井口は自動精算機で精算を始めた。俺の財布から三千円出して、足りない分は自分の財布から出した。

「お前も、全部は俺に奢らせねえよな」
「奢ってやったって恩着せがましく言われるの嫌じゃないですか」
「頑固なんだか、律儀なんだか」

 理由はどうあれ先輩の財布に優しい後輩が可愛くて頭をくしゃくしゃっと撫でた。ものすごく嫌そうな顔で手を振り払われた。そうそう、最近の若い子は頭触られるの極端に嫌がるんだった。

 ホテルを出て、駅に向かって歩いた。ちょっとした疲労と、気まずさから無言になる。くたびれた靴を見て、そろそろ買い替えなきゃなーとか考える。

「先輩も悪くなかったですよ」
「え?」

 突然井口が話しかけて来た。

「先輩も、悪くなかったです。おもちゃ……より……、と、同じくらいには、良かったです」
「お前それ……、慎重に言葉選びすぎてだいぶ上から目線になってるけど」
「人のこと褒めるの苦手なんです」

 と、顔を顰めて唇を尖らせる。確かにこいつが誰かのこと褒めてるの、見た記憶がないかも。ということは、いま改めて褒めたってことは、実際はかなり良かったということだろうか?

「だったら最初から素直にそう言えよなー。まさか癖になっちゃったとか? もう疼く? また欲しいの?」

 つい浮かれて悪のりしたら、井口の軽蔑した眼差しが鋭く俺に突き刺さった。

「冗談だって、おっかねーな」
「冗談なら笑えるやつにしてください。今日はタクシーで帰るんで、それじゃあここで」

 駅前のタクシー乗り場で「お疲れさまでした」と軽く頭をさげると、井口はタクシーに乗り込んだ。実家暮らしは贅沢できていいなぁ。

 井口を乗せたタクシーがロータリーを抜けて、少し先の信号で止まった。小さく見える井口の後頭部。それを見つめながら「振り返れ」と念じる俺がいる。




スポンサーサイト
[PR]

利害の一致(1/2)

2016.09.21.Wed.
「入れさせてって頼んだら、ありえないって振られちゃってさー。そんなにありえないことかな?」

 居酒屋で先日彼女に振られたことを会社の後輩の井口に愚痴る。どんなに飲んでも見た目が変わらない井口は「人によるんじゃないですか」と投げやりな返事。

「お前は? ありなの、なしなの」
「俺は正直無しですね。ケツに入れたいと思ったことはないです」
「AVの見過ぎって言われた。ネットでもアナルセックスしたって書きこみ見るのに、なんで俺が付き合った女は誰も入れさせてくんねーんだ?」
「まあ普通は嫌なんじゃないですか。よっぽどの女でない限り。先輩は、なんでそんなにケツに入れたいんです?」
「気持ちいいらしいから。中出ししても妊娠しねーし」
「理由が最低ですね」
「あーあ、どっかにケツでやらせてくれる女、落ちてねえかな」
「そんなにケツでしたいなら男とヤッたらどうですか」
「この際、男でもいいかも。顔さえ見なけりゃ、かわんねえしな」
「飲み過ぎですよ。もう出ましょう」

 井口に腕を引っ張られて席を立った。財布を井口に渡す。井口は二千円抜いて、足りない分は自分の財布から出して勘定を済ました。

 店を出て、駅に向かう。隣の井口の足取りが、酔っぱらってる俺よりのろい。

「どうした?」
「ほんとに男とできます?」

 さっき店でした話題だと思い出して、ノリで「できるできる」と返した。井口が完全に立ち止まる。自分の足元を見つめながら、

「入社したときから世話になってる先輩だから話すんですけど、俺、アナニーしてんですよね」
「あなにー?」
「オナるとき、ケツを弄るんです」
「え、そんなことやってんの」
「前立腺オナニーっつって、興味本位で始めてみたら、それ以来癖になって」
「好奇心は猫をも殺すっていうからな」
「今じゃエネマグラとか、アナルバイブ使うくらいハマッちゃって」
「よくわからんが、もう引き返せないとこまでドハマりしてんだな?」
「そこで提案なんですけど、先輩さえよければ、俺のケツ、使ってくれませんか?」

 というわけで、俺たちはホテルに行くことになったのである。

 である。じゃねーよ。どうすんだよ。男となんかできるかよ。俺がしたいのは女とのアナルセックスであって、ちんこがついてる男とセックスしたいわけじゃない。俺は女の体を抱きたいのだ。穴だけでいいなら、それこそオナホで充分だわ。

 酒の席だけじゃなく普段の生活でも滅多に顔色を変えない井口が顔を真っ赤にしているもんだから、ノリで「できる」と言っただけとは今更言い出しにくい。

 しかも自分のケツを使えなんて勇気ある変態的な提案をしたのに、嫌だなんて断りにくい。

 ただでさえゆとりの新入社員の扱いは気を遣うのに、明日から俺が理由で出社拒否されて、その上井口の親が怒鳴り込んできたりなんかした日にはもう……。目も当てられねえ。

 変わらないように見えて井口も相当酔ってるんじゃないの? 少し歩いて、水でも飲ませて落ち着かせたら正気に返るかも。そんな期待をしつつ、ゆっくりホテルに向かい、水を飲ませ、覚悟の表情がかわらない井口にシャワーを勧めた。

 なのに。

「先輩も、シャワーどうぞ。その間に俺は準備しておきますから」

 って。シャワーの終わった井口は仕事中みたいな顔つきでローションを手に出して言った。やる気満々だよこの子。どうしよう。

 逃げるようにバスルームへ。井口が入ったあとだから湿気がこもって床も壁も濡れている。過去に経験のあるシチュエーション。しかしまさかベッドで待っているのが男とは。しかも会社の後輩。

 最近の若い子って男同士とか平気なのか? 明日からどんな顔すればいいとか、ふつう考えないか? 俺が古いの? たった5歳しか違わないのに? 

 グルグル考えながら、頭と体を洗って、ちんこも念入りに手入れした。これ、本当に井口に入れるのか? そもそもあいつのケツで勃つか? 怯えて縮こまってんぞ。

 酒のせいで無理だったー、が一番井口を傷つけない終わらせ方だ。この手でいこうと決めてバスルームを出る。いつの間にか照明が絞られて薄暗い。雰囲気だしてんじゃねえぞ。

 ベッドの上に盛り上がり。近づくと、井口が布団をかぶって頭だけ出してた。寝ててくれりゃ、と思ったが、瞬きしないで天井を凝視している。こえーよ。

「変なこと頼んですみません。話の流れで……俺も酔ってて……、先輩にしか、こんなこと頼めなくて」

 あいかわらず天井を見つめながら口だけを動かして言う。

「お前って、ホモなの?」
「ホモじゃないです。アナニーが好きなだけで。エスカレートして、ちんこ入れてみたいって思っただけで、ホモではないです」

 エスカレートしすぎじゃね。まあ俺も、エッチへの好奇心が強すぎてアナルセックスに辿りついたわけだから、人のことは言えないが。

「準備できてんの?」
「はい。やりすぎて、一回出しました」
「いいよ、そんな報告してくんなくて……そんなに気持ちいーの?」
「……期待だけで俺、かなりやばいです」

 興奮を抑え込んでいるのか声が熱っぽくて少し震え気味。怖い。

「かなり酒飲んだからなー。勃つかわかんねえけど、試す?」
「よろしくお願いします」

 と言いつつ、井口は布団のなかで動かない。俺が布団めくってこいつの上になんの? 躊躇とムカつきを感じながら布団をはぎ取った。横たわる全裸の井口。天を睨む股間の一物。一回出したんじゃねえのかよ。

「……とりあえず、後ろ向けよ。やりづれーわ」
「その前に……」

 体を起こした井口が俺のちんこに手を伸ばしてきた。握ってクニクニと揉み始める。

「俺じゃ勃たないでしょうから」

 少し申し訳なさそうに言ってシコシコ擦る。井口相手でも、他人の手でこすられると血液が集まってしまう。勃ったら困るんだけど。

 俺の股間に視線を注ぐ井口は、普段見ない顔つきだった。新入社員歓迎会を「僕、お酒あんまり好きじゃないんで」と断ろうとしたこいつが。部長の親父ギャグを鼻で笑って白けた顔をするこいつが。斜に構えて馬鹿騒ぎなんかしませんって顔してるこいつが。

 雄(雌?)の顔つきで、呼吸も乱れさせて、勃起させながら俺のちんこをしごいている。

 猥談に興味ないって態度だったくせに、俺のちんこに興味津々だったのかよ。

「舐めれる?」
「えっ」

 思い付きが声に出てしまった。井口は狼狽えた目を俺に向けた。

「無理ならいーけど」
「……やってみますけど……下手だと思いますよ」

 まじかよ。井口は口をあーんと開けると亀頭をぱくりと咥えた。舐めるんじゃなかったのか。口に入れてどうする気だ。しゃぶるつもりか。

 遠慮がちな舌が先端を舐める。唇で絞る。あったかくてぬるぬるした口腔内。女と何も違わない。いや、同性の男にやらせてる征服感、背徳感はなんとも言えない興奮を生む。

 どんどん血液が集まる。海綿体が充血する。咥えてる井口も少し大変そうだ。

 熱い息を俺に吹きかけながら、とうとう井口は口を離した。完全に勃起している。酒で無理だった作戦は使えなくなってしまった。これはもう諦めて井口に突っ込むしかなさそうだ。

「中出しするぞ、俺」
「生ってことですか? 先輩がそうしたいなら」

 どうせやるなら、やりたかったことやっておかなきゃやり損だ。

 四つん這いになった井口がのそのそと後ろを向いてこっちに尻を突きだした。毛のないつるんとした綺麗な尻だ。触ってみると井口は体を強張らせ腰を揺らした。

 肛門を覗きこむ。いつもアナニーしてバイブやら突っ込んでいる割にこちらも薄い色付きで綺麗なもんだ。ローションに濡れそぼるそこへ指を入れてみた。「んっ」と井口が小さく呻く。

 そこは充分解されていた。柔らかくて温かくて、そのくせキュウキュウと物欲しそうに俺を締め付けて来る。体温でローションも温められていて、濡れた女のようだ。

 顔さえ見なけりゃ、できそうだった。というかぶっちゃけ、早く入れたい。

「入れんぞ」
「はっ、はい!」

 井口のケツにちんこをあてがい──、腰を進めてずぶっと亀頭を押し込んだ。ぶりんっと井口に頭を食われる。玩具で弄り倒したいやらしいケツ穴のくせに、焦るほどきつい処女ケツマンコだ。

「どーよ、井口。初めての、本物の、男の勃起ちんこは」
「あ、熱くて……硬くて、おっきくて……やばいです」
「おもちゃとは違うだろ」
「はいっ……ぜんぜ……違います……っ」
「どっちが気持ちいい?」
「おもちゃ……っ!」
「はあ? そんなわけねえだろ。俺の聞き違いだよな?」
「おもちゃだったら……自分の好きなとこ、好きなように、動かせます、からっ……」
「よーし、オナニーとセックスの違いを教えてやる」




マリーゴールド