FC2ブログ

今日の相手も(2/2)

2016.06.16.Thu.
<前話はこちら>

 男がトイレに立った間、菱川くんからのメールを見返していた。一日一通きていたメールは、会うのをやめると言われた夜からこなくなった。十日間まったく音沙汰なし。

 他愛ない文章。たまに彼の指が写り込んでいる画像。俺にとっては在りし日の、遠い残像のような初々しいメール。19歳の彼と、37歳の俺とでは年が離れすぎていたのだ。価値観や考え方が合うわけがない。

 やっぱり男は一夜限りにしておいたほうがいい。ちょっと情を持ったのが間違いだった。

 電源を落としたタイミングで男がトイレから戻って来た。少し生やした顎髭は嫌いだが、会話の距離感が心得ている感じがして、今日の相手はこの男に決めていた。

 二人でバーを出た。ホテルに向かって歩く。途中のコンビニの前で足を止めた。

「ここ、寄っていい?」
「いいよ」

 男とコンビニに入った。

「いらっ――」

 レジの菱川くんが俺の顔を見て固まった。その目が隣の男に気付くと、菱川くんは難しい表情になった。

 男は雑誌コーナーで立ち読みを始めた。その間に飲み物やら軽い食べ物をカゴに入れた。コンドームも忘れずに入れてから菱川くんのレジに持って行った。

「久し振り」
「……はい」

 出来るだけにこやかに話しかけてやった。菱川くんは下を向いてカゴから商品を取り出し、バーコードを読み取っていく。コンドームの箱を手にした時、目をあげた。

「あの人とは知りあいですか?」
「ああ。今さっき知りあった」
「危なくないですか?」
「さあ。でも君に関係ない」
「関係はあります」

 ピッとバーコードを読み取って次の商品に手を伸ばす。

「僕は早瀬さんの知り合いです。知り合いの心配はします」
「知り合いだった、だよ。いまはただの客と店員。まったくの赤の他人」
「…………なんか、怒ってます?」
「俺が? なんで? これからお楽しみが待ってるっていうのに?」
「言える立場じゃないことはわかってるんですけど、そういう無茶なことするの、控えた方がいいと思います。前に危ない目に遭ってるし。次はもっと酷い目に遭うかも」
「忠告ありがとう。でもそれは価値観が違うとしか言いようがないね」

 傷ついたように悲しげ顔をした菱川くんの手から商品の入った袋を取りあげ、二千円をカウンターに置いた。

「お釣りは募金箱に入れといて」

 何か言いたげな菱川くんに背を向け、雑誌コーナーの男のもとへ戻った。菱川くんに見えるように、わざとらしい笑顔を作って男と一緒にコンビニを出た。子供相手にみっともないことをしている自覚はあったが、一方的に振られたままで終わるのはプライドが許さなかった。



 その後、男とホテルに入ってセックスをしたがいまいちノリきれなかった。慣れた男のセックスは悪くなかった。むしろ良かった。明るい笑顔と裏腹の執念深い前戯は年季が入っていておかしくなりそうなくらい気持ちよかったし、俺のしたいプレイに気付いて乗っかってくれた言葉責めも興奮した。

 家に帰れば快眠できそうなくらい満足したはずなのに、どうしても気持ちが上向かない。

「暗い顔してるけど、俺、下手だった?」

 シャワーを浴びた男が、ベッドに座って呆っとする俺に声をかけてきた。

「いや、ぜんぜん」
「のわりに、暗い。賢者タイム? 自己嫌悪真っ只中?」
「最近忙しかったから疲れが出たのかもしれない」
「本当に疲れか? コンビニの男の子、思い出してたんじゃないの?」

 からかう口調に顔の表面が熱くなった。

「なんでっ」
「なんか話し込んでたじゃん。内容までは聞こえなかったけど。彼氏? 俺、当て馬に使われた?」
「違うっ、彼氏なんかじゃない。そういうのは作らない主義なんだ」
「へぇ、主義ねえ」

 タオルで頭を拭きながら男は俺の横に座った。振動でベッドが揺れる。

「でも好きなんじゃないの?」
「好きじゃ……気に入ってはいたけど……、見合いするって言ったらもう会いたくないって……親が勝手に進めた話で俺の希望したことじゃないのに」
「あー。最近の若い子って真面目だったりするからな」
「理解できないって言われたら取り付く島もない」
「お互い歩み寄りも必要なんじゃない?」

 顔を覗きこみながら、男はよしよしと俺の頭を撫でた。なんだかよくわからないが懐の広さを感じてしまう。なんでも受け入れてくれそうな空気が、この男の真の魅力なのだろう。一緒にいたら気が楽そうだ。

「俺と付き合う?」
「またまたぁ。彼氏作らない主義だって言ったっばっかのくせに」

 よく考えもせず、思い付きで口走っていた。断られることはなんとなくわかっていた。

「やっぱり恋愛って面倒臭い。どうしてなにを考えてるかわからない相手のことを思って悩まなきゃいけないんだ」
「それ、恋愛の醍醐味だから」

 笑いながら言って男は腰をあげた。

「出る準備して。そろそろ帰ろう」

 頷いて俺も立ち上がった。
 男とホテルを出たら、暗がりから一人の男が姿を現した。

「早瀬さん」
「菱川くん!」

 いきなりのことで驚いた。まさかいるとは思ってもいなかった。菱川くんはじりじりとためらう足取りで近づいて来る。時間からしてバイト終わり。以前使ったホテルに当たりをつけて待っていたのか。

「なんでいるんだ」
「心配、でした。でも大丈夫そうで、良かったです」

 菱川くんは隣の男へ向かって軽く会釈のようなものをした。なんだこのスリーショットは。

「心配して待ち伏せするくらい、早瀬くんのこと好き?」

 急に男が俺の肩を抱きよせて言った。菱川くんは男をまっすぐ見つめ返しながら「はい」と返事をする。なにを今更。よくぬけぬけと言えたものだ。

「早瀬くんの彼氏でもないのに?」
「彼氏にしてもらえなくても好きです。急に嫌いになれないです」
「早瀬くんも同じみたいだから、二人でちゃんと話してみるといいよ」

 男に背中を押されて菱川くんのほうへ体が傾く。踏ん張った俺の手を菱川くんが掴んで引きよせた。

「ありがとうございます。そうします」

 男に向かってペコリと頭を下げると菱川くんは俺の手を掴んだまま駅と反対方向へ歩き出した。振り返って見た男は笑いながら手を振っていた。



 連れて行かれたのは菱川くんが借りてるハイツの一室。

「入って下さい」

 戸を開けて菱川くんに言われたが、有耶無耶なまま入っていいかどうか悩む。

「なんの話があるって言うんだ」
「部屋の中でしませんか」
「嫌だ。意味のない話ならここで帰る」
「もう一回、チャンス欲しいです」
「なんの。セックスの?」
「違います。早瀬さんの、彼氏になれるかもしれないチャンスです」
「そういうの作らないんだって言ったよな」
「彼氏と思ってくれなくていいです。僕が一人で勝手に恋愛ごっこします。他の男と寝るのはやめて欲しいって勝手に言います。見合いもして欲しくないって言います。毎日好きだって言います。嫌じゃなければ毎日キスしたいです。体にも触れたいです。全部の決定権、早瀬さんに譲りますから、僕と付き合って下さい」

 言いたいことを言い終わると、菱川くんは右手を出して頭を下げた。呆気に取られながら彼の後頭部を眺める。欲求の赴くまま彼の髪を触った。整髪料をつけて少しごわついた髪。指の間を通りすぎる感触がひたすら愛おしい。

「年齢も価値観も、すべて違うんだと思うよ、俺たちは」
「それでも、諦めたくないです」
「束縛されるのは嫌だ」
「そんなことしません」
「でも放置されるのも嫌だ」
「早瀬さんを放置なんてできません」
「十日も俺を放ったらかしにしていたくせに」

 差し出された右手を掴んだ。弾かれたように菱川くんが顔をあげた。

「すみません。次からそんなことしませんから」

 俺の右手を引きよせながら、菱川くんがキスをしてきた。俺も目を瞑ってそれに応えた。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

今日の相手も(1/2)

2016.06.15.Wed.
<前回「今日の相手は」はこちら>

 昼休憩に菱川くんからメールがきた。

『今日もいい天気ですね。この新商品、おいしいですよ』

 短い文と一緒に画像が送られてくる。バイト先の商品と思われるスナック菓子。四十前の男にこんなもの見せてどうするつもりなのか。

 あの夜から一日一度、彼はメールを送ってくる。他愛ない内容だ。天気のこと。学校のこと。バイトのこと。自分の好きなバンドのこと。俺を同級生かなにかだと思っているんじゃないだろうか。

 返事しないことがほとんどだ。返事をしたらすぐ菱川くんから返事がくる。それにも返事をしたらまた返される。終わるには俺が止めるしかない。だから気が向かない限り返事をしない。

 律儀というか、彼のほうから会いたいだとか、それを匂わせることは言ってこない。コンビニの商品の話題が多い気がするのは、俺をコンビニに誘い出すためかもと思わなくもないが、自信はない。

 もう一ヶ月以上経つ。そろそろ俺の悪い虫も騒ぎ出す頃だ。それにもうすぐ見合いの予定だ。

「今日もバイト?」

 メールしたらすぐ『バイトです』と返って来た。彼は専門学生だ。いまは授業中ではないのだろうか。

 終わる時間に行くよ、と書いた文字を消した。黙って会いに行ってやろう。驚く顔が見たい。



 早く帰れたので一旦家に寄った。シャワーを浴びて服に着替え、車で出かけた。近くのパーキングに車を入れて、歩いてコンビニに向かった。少し早かったようで、彼はまだレジにいた。ちょうど深夜のバイトと交代の時間なのか、レジの集計作業中だ。

 店に入るとチャイム代わりの音楽が流れる。その音に「いらっしゃいませ」と彼が顔をあげた。俺だとわかると「あっ」と驚いたあと、顔をほころばせた。いちいち素直な反応をする。

 まだ少し時間がかかりそうなので適当に商品を選び、暇そうな女の店員が立っているレジに並んだ。会計をしている間に集計業務が終わったようで、菱川くんはバックヤードに引っ込んだ。

 買い物袋を受け取り、雑誌コーナで立ち読みをしていたら鞄を肩に担いだ菱川くんがやってきた。

「すみません。お待たせしました」
「君を待ってたわけじゃないけど」

 雑誌を戻して意地悪く言う。彼には通じなかった。

「なんとなく今日、会える気がしてたんです」

 メールで今日の予定を聞いてしまったからだろう。

「来てくれて嬉しいです」
「仕事が早く終わって暇だったからね」
「飯行きますか?」
「いや、時間がもったいない」

 きょとんとした菱川くんだったが、意味がわかったのか少し顔を赤くして目を伏せた。先に店を出た俺に黙ってついてくる。前と同じホテルに入った。

 菱川くんとの体の相性はいい方だ。慣れてない故の稚拙さも指示で補える。逆に言えば俺の思い通りにできる。菱川くんは素直だし、飲みこみも早ければ応用を利かせることもできる。

 俺の望むものを与えようと一生懸命知恵を絞ってくれるところも好感が持てる。

「はあぁッ! あぁ……い、いぎっ……イキた……いっ! あああぁ……もぉおっ……出る……!! おちんぽ、擦るの…ッ…だめぇぁあっ……あっ、前立せっ……あんっ! 強いぃ……!!」

 大股を開いた中心に彼の怒張が出し入れされる。俺のペニスはいまにもはちきれんばかりに充血しているが、彼に根本を握られて射精が出来ない。

「まだ、我慢できますよね」

 と彼は掌で亀頭を撫で擦る。敏感になりすぎた部分への愛撫に気が遠のきかけた。

「む、ムリ……! もおっ……い、いたい……おちんぽが、あ、あぁっ……それ、だめっ……ひ、いっ……いああぁっ……イクッ……強いのキテるッ! メスイキする……!!!」

 正気を保っていられないほどの快感が脳天から全身へ駆け抜ける。精液を出すかわりに魂が抜けてしまいそうな強い絶頂感。彼は二度目にして俺をドライでイカせる術を身につけていた。

「……すっごい……痛い……くらい、締まる……っ」

 菱川くんは微苦笑を浮かべた。痛みに耐えてか俺のペニスを握る力が強くなる。俺だって痛い。

「……はあぁ……はっ…はあ……ひし、かわくん……手ぇ、もう……っ」
「もう少し。我慢」
「やっ……あっ、待って!」

 前傾姿勢になった菱川くんが俺の奥をこじ開けて高速ピストンを開始した。若い腰の動きに恐ろしささえ感じる。

「ああぁひっ、し、かわく、んんっ!! そんな…ッ…したらあ! おまんこ壊れちゃ……からぁあっ!! あぁっ! あっ! あひ、ひ、んんっ……んぐぅ……また、イッ……ひぃ!! ひんっ……菱川くんのちんぽっ……好きぃっ!!」
「僕も早瀬さんのおまんこ、好きですよ」

 俺の手を取り、指を口に入れる。指にからみつく彼の熱く濡れた舌。軽く噛まれてまた達しかけた。

「一緒に、イケる? かな?」

 自問自答するように呟くと、菱川くんは俺のペニスを解放した。堰き止められていた血も精液も、一気に逃げ場を求めて駆け巡る。

「あっ、は、ぁあああああぁぁっっ……!!!」

 彼がイクのと同時に、俺もずっと我慢させられ続けていたものをようやく吐きだせた。



 シャワーを浴びたあと水を飲んだ。出すもの出してすっきり爽快。射精を焦らされるプレイは今までも何度かあったが、今日のは格別に良かった気がする。タイミングが絶妙だった。

「このあと……」

 遠慮がちに菱川くんが声をかけてくる。

「帰るよ」
「そうですよね」

 と残念そうに肩を落とす。菱川くんも性欲を処理出来て、さっさと帰って寝たいだろうに。バイト終わりで疲れているのに、それでもまだ俺と一緒にいたいと言うのだろうか。

 気落ちした様子を見ていたら少し甘やかしてやりたい気持ちが湧いて来る。

これまで言いつけを守って鬱陶しいメールは送ってこなかったし、今日のセックスは頑張って俺を悦ばせてくれたし、なにかご褒美をあげてもいいだろう。

「今日は帰るけど、今度は食事でもしようか」
「ほんとですか?」

 パッと顔を明るくして餌に食いついて来る。単純で扱いやすい青年だ。

「じゃあ、次の日曜はどうですか?」
「無理だな。見合いがある」
「見合い……」

 明るかった彼の顔が曇る。

「親が勝手に進めた話だ。義理があるから会わなきゃいけない」
「結婚するんですか」
「だからしないって。形だけだ」
「いつか結婚するつもりなんですか?」
「したくはないけど、やむにやまれぬ状況になればするかもしれない」
「親御さんは、早瀬さんがホモだって知らないんですか?」
「言えるわけないだろ」
「僕は親にバイセクシャルだって言ってますけど。友達とかにも」

 驚いて彼の顔をまじまじ見た。平然と目を見返してくる。若さゆえか。怖いものなしで逆にこっちが怖い。

「それは君の勝手だし、言わないのは俺の勝手だ」
「そうですけど」
「都合のいい日がわかったらメールする。さ、帰るぞ」

 はい、とベッドから菱川くんは腰をあげた。気持ちのいいセックスをして気分が良かったのに、笑顔の消えた菱川くんを見たら高揚も薄れた。見合いの話なんかするんじゃなかった。

◇◇◇

 つつがなく見合いは終わった。気難しい独身拗らせ男を演じきった。ほとんど地でもあった。

 相手の女性は最後まで笑顔を維持していたが、俺の目を盗んで横へ逸らされる視線が、無駄な時間が早く終われと雄弁に語っていた。

 きっと向こうから断ってくるから父親の面子がつぶれることもない。傷心のふりをして、見合いも女もこりごりだと落ち込んでいれば、さすがにうちの親もしばらくは結婚しろとうるさく言ってこないだろう。

 少し飲みたい気分だった。一人で行くか、誰かを誘うか。真っ先に浮かんだのは菱川くんの顔だった。酒を飲みたいから車で移動はしたくない。今日は家に呼ぶのもありだ。デリバリーを頼むことにして外食は次の機会でもいい。

 彼に電話をしてみた。

『はい』
「今から会えるかな?」
『今から、ですか……』

 予想に反して乗り気じゃない雰囲気だった。俺からの電話というだけで喜んでくれると思っていた。一も二もなく誘いに乗ってくると思っていたのに。

「無理ならいい。今度でも」
『……もう、早瀬さんに会うの、やめておきます』

 思いがけない返答に言葉を失った。なぜ急に心変わりした? 俺がなにをした? 見合いのせいだろうか。子供っぽい独占欲を出して拗ねているのか?

「見合いしたことを怒ってるの?」
『それは早瀬さんの自由ですから。……僕は、できるだけ長く付き合いたいって思う方なんです。男でも女でも、好きになったらその人との老後とか考えちゃうんです。でも早瀬さんはそういう価値観の人じゃないでしょ? ゲイだってこと、周りに秘密にして、もしかしたら結婚するかもしれないじゃないですか。そういうの、僕には理解できないから』

 段々腹が立ってきた。子供の立場で大人の事情も知らないくせに。

「君はまだ学生で本当の差別を知らないからそんな甘えた考え方ができるんだよ。カミングアウトしたことで生じる不都合を何一つ実感できていない。表面上は理解のあるふりをしていても、陰ではコソコソ言うのが人間だ。君の両親だって君がノンケなら良かったのにと思っているはずだし、学校の友達だって気持ち悪いと思ってるか、ただ面白がってるのが本音だ」
『そんなこと、ないです』
「理解できない、君が言った言葉そのまま返すよ。どうして周りの人間が自分を受けれてくれると信じられるのか、俺には理解できない」
『価値観も、考え方も、僕と早瀬さんは合わないみたいですね。残念です。今までありがとうございました』
「ちょっと、待っ――!!」

 プツリと通話は切られていた。まだ言い足りなくてかけ直してやろうかと思ったがなんとかとどまった。これ以上は大人げない。

 性善説を信じたような、あの幼い考えを改めさせてやりたい。俺が親に言わないのは余計な心労を与えないためだ。周囲の人間に言わないのはそれが俺の弱点になってしまうからだ。

 品行方正に生きていたって難癖付けて来る奴はいる。そしてそれに簡単に屈して、同調して、非のない人間を非難する人間がどれほど多いか。家庭と学校のぬるま湯につかっている彼にわかるはずがない。想像できるわけがない。

 価値観が合わない。なんて人を馬鹿にした言葉だろう。苛々が収まらない。

 飲むのはやめて今日はハッテンバに行こう。知らない複数の男とヤリまくってようやくチャラにできそうなくらい、ムカついた。