FC2ブログ

今日の相手は(2/2)

2016.06.08.Wed.
<前話はこちら>

自分の名前は菱川だと彼は言った。だから俺も早瀬だと名乗った。

「早瀬さん、知らない奴に付いて行っちゃ駄目だって言ったのに」

 俺のワイシャツのボタンを外しながら菱川くんが笑う。子供っぽい笑顔のくせに、中身はしっかり大人の男だった。

「君はこういうことに慣れてるの? 男とは何度も?」
「ぜんぜん慣れてないですよ。初めてです。男を好きになったのも一度だけです」
「じゃあどうして俺なんかと」
「どうしてですかね。初めて見た時、なぜか目が離せなかったんです。心臓がドクンってなって」

 と俺の胸、心臓の上に手を当てた。温かい手の平の下で、自分の乳首が隆起していくのがわかる。

「早瀬さんはこういうの、多いんですか」
「楽だから」
「楽?」
「愛だの恋だの、そんなの若い頃にしてきたからね、もう充分。最小限の前置きで欲しいものを得られるほうが、俺くらいの年になると楽なんだ」
「なんだか味気ないし、寂しいですね、そんなの」

 菱川くんの手が脇腹のほうへ移動した。背中を撫でて、今度は腰のほうへ移動する。焦らしているのか、俺の出方を待っているのか、怖くなって躊躇しているのかわからない手つき。

「君はどうして俺に声をかけたの?」
「声をかけてきたのは早瀬さんですよ」
「代わりに自分がと言ってきたのは君だ」
「そうでしたね。完全に勢いでしたけど。こんなチャンス、逃したら駄目だって」
「チャンス」
「そう。僕も男とシテみたかったから」

 菱川くんがキスをしてきた。他人との接触に怯える躊躇いがちなキスだ。だから顎を持ち上げてピタリと密着した。自分から舌を入れて奥で縮こまっている菱川くんの舌を絡めとった。

 キスをしながら菱川くんのベルトに手をかけた。中に手を入れてペニスを擦った。すぐ熱くなって硬くなる。ズボンと下着をずりおろしてそこへ顔を埋めた。

 先ほどの男のことが頭をよぎった。嫌悪感一杯で逃げだしたくせに、一時間もしないうちに違う男のペニスをしゃぶっている。なんて自分は現金で汚らしい大人なのか。

「入れるほう? 入れられたいほう?」

 菱川くんを上目遣いに見る。菱川くんはうっすら微笑みながら俺のこめかみのあたりを撫でた。

「入れてみたいです」
「わかった。準備する」

 ホテルの備品ケースを探る。一回分が入ったローションの袋が三つあった。一つを破って手に出した。それを自分の尻へ持っていき指を入れる。菱川くんは穴を解す俺のことをじっと見つめていた。

「やりにくくないですか? 僕がやりましょうか?」
「嫌だろ、他人のケツの穴に指入れるの」
「ちんこ入れるのに?」
「コンドーム……生ではしない」
「僕がやりますよ」

 菱川くんはローションを手に出し、ぬめる指を俺の中に入れて来た。俺はベッドの上で四つん這いになり、彼に向かって尻を上げた。

「うわ、温かいんですね。意外に柔らかい」

 グリグリ指を回したり、中で関節を曲げたりする。

「…っ……ふっ……ん……」
「あ、痛いですか」
「大丈夫……あ、そこっ……そこ、もっとして……」
「ここですか」
「いっ、あっあぁっ……!」
「あ、早瀬さん、勃ってますね。いいですか?」

 菱川くんは俺の勃起したペニスを握った。ぎこちない左手の愛撫だが、同時に前立腺を刺激されているのでビクビク震えて先走りが止まらない。

「早瀬さんの中、すごく熱くなってきました。大丈夫ですか、これ」
「いふっ、あっ、いい……! もっと……! して欲し…ッ…ふあっ、あひ……!」
「これ? ここ? 良いですか?」

 前立腺の感触とそれを擦ると俺が腰砕けになることに気付いた菱川くんは、手つきを少し荒っぽくしてそこを責め立てた。俺のペニスから滔々と液体が零れ出る。それをすくって扱くから、陰部からネチネチと音がする。

「はぁあぁ……! あ、やっ……イクッ……いやだ……まだ! まだ……止め……! イヤッ……入れてっ……君の、入れて!!」
「え、大丈夫ですか」
「早く!!」

 怒鳴ると菱川くんは慌てて指を抜き、コンドームをはめた。尻に硬くて太いものが捻じ込まれる。俺に怒られたと思って早急な挿入だった。でも痛みはなくて、いま知りあったばかりの年下のコンビニ店員が相手だと思うと頭の芯まで燃えた。

 今日は羽目を外すつもりだった。あのコンビニにはきっともう二度と行かない。彼ともこれっきり。

 自分から腰を振った。タイミングが合わなくて抜けそうになった。菱川くんのほうがうまく合わせてくれて、奥深くまで彼が来た。

「いいっ……すごく、いいっ……! もっと強くして! 奥……ッ……あっ、あふぅっ……! あぁっ、おちんちん、きてる! 菱川くんのッ……あうっ、あっ、あはあッ!!」
「すっごい……」

 感心したような、若干引き気味の菱川くんの声さえ俺の興奮材料になった。別人のように乱れたい。毎日白衣を着て、誤診しないように、患者に隙を与えないように気を張って仕事して、医者仲間に愚痴を言えばそれが原因で足をすくわれるかもしれない職場。

 ゲイであることを隠して。親には早く結婚しろとせっつかれて。興味のない女から言い寄られて。断ればヒソヒソと陰口を叩かれて。

 何が楽しみで生きているのか。俺ですらわからなくなるような人生。柵や重圧やストレスから解放されたい。たまに羽目を外して馬鹿になったっていいじゃないか。すべて自己責任でやっているのだから。

「あふっ、あん! いひぃっ……ひ、し、ひぃ……ひしっ、かわくん、気持ち、い……? 俺の…をぉッ……ケツ、まんこ、どうっ?!」
「どうって、やばいです」
「おふ、んっ!! んんっ! 俺も……! ヤ……ッバイ!! おちんぽ、良すぎ……てッ……イッちゃいそぉっ!! ふぅっ……ンンッ……ぁあんっ! も、もっと突いて!! 君のおちんぽで、俺のおまんこ壊して……ッ!!」

 菱川くんは無言だったけれど、俺の中の彼自身はぐわっと育ち、腰の動きが激しくなった。スパンキングされてるかのように、肉と肉がぶつかりあう。

「早瀬さん、凄いです……、中、どろっどろ」
「俺のまんこ……グチョグチョ?!」
「はい、女みたい」
「だって……気持ちいいっ……菱川くんのガチガチちんぽ、気持ちよくってお汁止まらな……! ドロドロのけつまんこ! 硬いちんぽ、ハメッ……ハメられてっ……ガン掘りされて……はっ、あ、だめもう、イクッ! 知らない子のおちんぽでイク――っ!!」

 シーツに顔を押し付けて絶叫しながら射精した。

 大声を出すと体の凝りがほぐれる気がする。射精の脱力感がそれを手伝う。わざと色キチみたいに淫語をわめくことで頭の中が空っぽになる。下手なマッサージより効くし、アロマより癒される。夜も寝付きがよくなって熟睡できる。

「わ……締まる……早瀬さん、俺も……ッ」

 射精の余韻に浸っていると、奥のほうで菱川くんの脈動を感じた。

◇◇◇

 ホテルを出た。菱川くんは恥ずかしそうに少し俯き加減だ。汚いことに慣れた大人の俺は堂々とコートの裾を翻す。

「それじゃ」
「え、あの、早瀬さん」

 背を向けて歩きだした俺を菱川くんが呼び止める。どうせまた会いたいとか言い出すんだろうが、そういう奴らはすべて断ってきた。彼も例外じゃない。断りの三文字を舌の上に乗せて振り返る。

「何かな?」
「今日はありがとうございます。あと、危ない奴についていかないようにしてください。気を付けて」
「……うん」

 ぺこりと頭を下げると菱川くんは俺と反対方向へ歩き出した。味を占めてまたやりたいと言い出すと思っていたのに。嫌だ、とばっさり切り捨ててやろうと準備していたのに。

 彼はスタスタ夜の街へと消えて行こうとしている。

 意外に物分かりがよくて割り切れるタイプの青年だったらしい。初対面で他人の精液を拭い取って、綺麗だとか、心臓がどくっとしたとか俺を口説いてきたくせに。向こうも最初から体だけが目的だったようだ。

 なんとなく納得がいかなかった。動転している時に気遣ってくれた優しさとか。顔や体つきが好みだったこととか。断ってもどうしてもとねだるなら、あと一度くらいは相手してやろうかと思っていたのに。

 いつも性の匂いがつきまとう場所で出会った男ばかりが相手だったから、コンビニという場所、コンビニ店員というイレギュラーな出会いに少し浮ついてしまったようだ。

 疲れるから恋愛ごっこはしないと決めていたのに俺は馬鹿だ。

 気持ちを切り替え、帰るために駅へ向かう。しばらくしてタッタッと足音が近づいてきて、いきなり腕を掴まれた。

「早瀬さん、やっぱり!」

 振り返ったら息を切らした菱川くんだった。

「やっぱり、連絡先とか、教えてもらえませんか? ご迷惑じゃなければ」
「聞いてどうするの?」

 こういう場面で迷惑そうな顔を作ってしまうのは俺の癖だ。本当は頬の筋肉が持ちあがってしまいそうなのに。

「メールとか、したいです。暇な時ご飯行ったり」
「セックスしたり?」
「いやっ、それは……下心なくもないですけど、このまま別れるのは寂しいなって」

 俺の今の気持ちを素直に代弁されるとこれ以上の意地悪は可哀そうになってくる。

「いいよ。交換しよう」

 携帯電話を出したら向こうもポケットから出した。

「しつこいと返事しないよ」
「しつこくしません」
「非常識な時間もNG」
「わかってます」
「笑うな」
「すみません」

 菱川くんがあまりに嬉しそうに笑うからこっちはどんな顔すればいいかわからなくなってつい邪険にしてしまう。

「それじゃ」
「はい、おやすみなさい」

 また駅に向かって歩きだした。菱川くんの視線を感じて背中が熱い。まだ見ているか確かめたいが、いま振り返ったら俺の負けな気がする。名残を見せずに、少しでも余裕のあるふりをしないと、汚い大人は大人のふりが出来なくなるんだ。





スポンサーサイト
[PR]

今日の相手は(1/2)

2016.06.07.Tue.
 結婚はまだかとせっつかれるたび適当に誤魔化していたら、とうとう強硬手段に出やがった。

 仕事場まで母親がやってきて見合い写真を置いていった。どこどこ会社役員の娘さんで現在花嫁修業中。趣味はガーデニングと裁縫、なのだそうだ。

 着物姿の彼女を見てもなんの感慨もわかない。そりゃそうだ。俺はゲイなんだから。

 親に言えないまま三十代後半になった。四十代になったら諦めてくれるかとあと数年の我慢だと楽観してたらまさか見合い話をもってこられるとは。

 こちらの都合はお構いなしでもう見合いの日時を決められている。父親の知り合いだとかで面子を潰すわけにはいかないからと強制参加だ。うやむやにして逃げ回って来たツケだ。見合いぐらいはしてやろう。悪印象を持たれるように接していれば相手のほうから断ってくるだろう。

 とは言え気が重い。久し振りに今日は羽目を外すか。

◇◇◇

 仕事が終わって馴染みの店に顔を出した。静かなバーだ。照明も絞られて音楽も心地よいボリューム。年齢層が高めのゲイバーだから、大きな声ではしゃぐ若い子はおらず、みんな表面上は紳士的に振る舞っている。

 一人で飲んでいたら横に座った男が話しかけて来た。身なりはきちんとしていて、話題も豊富で、精悍な顔つき、なにより目つきがえろい。

 適当なところで話をきりあげ二人で店を出た。すぐにホテルに行くかと思ったが男に誘われコンビニに入った。男はカゴにコンドームを入れると俺に渡してきた。

「買って来て」

 尾てい骨に響く低い声で言われたら、なんとなく抗い難くて言われた通りレジに並んだ。若い男の店員が俺たちをちらっと見た。

 ホモ同士、これからヤルつもりだと思われているだろう。間違いじゃないが、俺にも羞恥心はあるので会計の間目を逸らしていた。

 袋を受け取って店をでる。もしかしたら男の部屋に誘われるのかもしれないと思ったが、「こっち」と誘われたのは公園だった。

 夜でひと気がないのをいいことに、男は俺の腰に手をまわし、服の上から撫でまわし始めた。

「こんなところでは、嫌だ」
「誰もいないよ」
「わかった。ここで別れよう。今日は楽しかった」
「お楽しみはこれからだろう?」

 いきなり突き飛ばされ、バランスを崩して繁みに手をついた。起き上がる前に男が覆いかぶさってきてベルトを外そうとする。

「やめろっ」
「本当はめちゃくちゃにされるのが好きなタイプだろう?」

 俺の耳を舐めながら男がねっとり囁く。

「あんたの今までの相手はそうだったかもしれないが、俺は違う、嫌だ!」
「まだ気付いてないだけだよ。俺が本当の自分を教えてあげるよ」

 男は俺の股間に膝を当て、体重を乗せて来た。痛みと、潰される恐怖で失禁しそうになりながら悲鳴をあげた。その口を男の大きな手が塞いだ。

「俺の言うことをきける?」

 助かりたい一心で何度も頷いた。

「じゃあ、まずは俺のものをしゃぶってもらおうかな? 噛んだりしたら、君の、踏みつぶすからね?」

 店にいるときとかわらない笑顔が恐ろしかった。

 男の前を開いて反応の薄いペニスを取り出した。口に入れて舌を這わせた。男の尖った靴の先が俺の股間に狙いを定めている。俺のは縮こまっているのに、男のペニスはどんどん大きくなった。

「上手だ。ずいぶん慣れているんだね」

 反射的に首を振って否定する。

 若い頃は恋だの愛だのに溺れていた時期もあったが、ある程度の年齢になったら相手に合わせることや束縛が鬱陶しく感じるようになって、一夜限りの関係ばかりになった。快楽を追い求めて、人に言うのも恥ずかしいほど経験人数だけが増えていった。顔も名前も思い出せない相手はたくさんいる。

 この男もその一人になる予定だった。一週間も経てば、セックスの良し悪しでしか思い出すこともなくなるはずだったのに。

 男がゆっくり動きだした。俺の口を使ってペニスを扱くように腰を振る。のどの奥にまで亀頭が押し込まれる。えずいて涙目になる俺を男は笑顔のまま見下ろして腰を動かし続ける。正気と思えない表情に震える。

 動きが止まると同時に男が射精した。いきなり生臭い液体を吐きだされて噎せそうになる。男は中でかき混ぜるようにわざと口の中でペニスを前後に揺すった。味蕾にこすりつけられて、その味と舌触りに耐え切れなくなり、横を向いて吐きだした。

「ちゃんと飲み込まないと駄目じゃないか」

 優しく言いながら俺の肩に手を乗せる。なにもかもがおぞましい。男を突き飛ばした。よろけた隙に逃げだす。足がもつれて転んだ。振り返ると男が近づいて来るのが見えた。暗闇でもはっきり笑っているのがわかった。こんなのただのホラーだ。

 必死に走って公園を出た。明るく安全な場所。頭に浮かんださっきのコンビニに向かった。

 自動ドアが開くのを待たずに身を滑り込ませ店内へ。トイレに直行したが使用中だった。待ってられなくて水道で手を洗い口をゆすいだ。

 鏡に写る姿は髪が乱れて顔色も白くてみっともなかった。よく見るとスーツもコートも泥で汚れている。手を拭いたペーパータオルで汚れを叩き落としていたらトイレの戸が開いた。

「あ」

 出て来た若い男が俺を見て口を開く。反射的に目を合わせてしまったが、知り合いでもなければ見覚えもない。

「大丈夫ですか」

 様子がおかしいと心配されてしまったようだ。

「大丈夫」
「もしかしてさっきの男に襲われました?」

 さらっと言われて心臓が止まりそうになった。改めて顔を見て思い出した。青年はさっきレジに立っていた店員だった。制服を脱いでいたから気がつかなかった。青年にはホモだとバレている。それどころか、男に襲われたことまで見透かされてしまっている。

「違います」

 裏返りそうになる声で否定したが、これも彼には嘘だと見抜かれているのだろう。いたたまれなくて店内へ戻ろうとしたら、「あ、待って」と青年に呼び止められた。立ち止まる義理はないのに、逃げたと思われたくないケチな自尊心から足を止めた。

「なにかな」
「あの、髪」
「髪?」

 乱れならもう手櫛でなおした。

「髪に……ちょっと、失礼します」

 ペーパータオルを取った青年が俺の肩に手を置いて顔を覗きこんでくる。さっきの出来事がフラッシュバックして思わず青年の胸を押し返した。

「や、やめ……っ」
「取れましたよ」

 こめかみのあたりをゴソゴソやったあと、青年は簡単に離れて行った。離れ際にちらっと見たペーパータオルには、白い液体が見えた。男の精液だ。どうしてこんなところに!? きっと顔を背けた時に付着したのだろう。それをまさかコンビニ店員に見つかり後始末までされるなんて。顔から火が出そうだった。

「あ、ありがとう」
「いえ。さっき一緒にいたのは恋人なんですか?」
「君に関係ないだろう」

 好奇心に晒されるのは我慢がならなくてきつい口調になった。青年は気にもせず小さく肩をすくめた。

「すいません」

 素直に謝られるとこっちが大人げないみたいじゃないか。

「さっきのは、違う。今日知り合ったばかりの人だ」
「初対面の人と?」

 幼い質問に身を焼かれる思いがする。自分はなんて汚れてしまったのだろう。

「どうだっていいだろう」
「そうですけど……簡単について行かない方がいいですよ、あなたみたいに綺麗な人は特に」
「え」

 思いがけない単語を耳にして素で驚いた。綺麗? 初対面の男に付いていって髪に精液をつけたままコンビニのトイレに駆け込むような、この俺が? 嫌味か? からかっているのか?

 青年は顔を赤くして笑うと「それじゃあ」と頭を下げてトイレを出た。レジにいる店員にも「お疲れ様でした」と挨拶して店を出て行った。

 もしかして俺は口説かれたのか?

 二十歳前後の若い青年だ。あんなに若い子と関わるのは仕事場の病院くらい。私生活ではほとんどない。

 照れて頬を染めた青年の顔が頭をぐるぐるする。あんなにうぶな表情を見たのは何年ぶりだろう。

 悪い気はしない。忘れていた感覚を思い出して、どきどきする。

 ふらふらと店を出て左右を見渡した。駅と逆方向へ向かって歩く後ろ姿を見つけた。あとを追いかけながら、なんて声をかけようかと考えている。

 声をかけてどうする。勘違いするなと鼻で笑われたら? 逆に受け入れられたら? 最初から期待せずにいけばいい。今日はもともと羽目を外すつもりだったんだし。

 追いついて青年の肩を叩いた。彼が振り返る。

「さっきはありがとう」
「あ……いえ」

 追いかけてきた俺に明らかに驚いている。だけど足を止めてくれた。

「お礼がしたいんだけど」
「僕何もしてませんよ」
「心配してくれたし、髪の汚れも取ってくれたじゃないか」
「それだけですよ」

 いつも相手にしている男たちならば、この会話だけで俺の言わんとするところを察してくれる。しかし彼はまだ幼い子供だった。

「軽く、食事でも」
「ほんとに、そんな必要ないですよ。それに僕さっき食べたとこだし」
「じゃあ飲みに」
「一応まだ未成年なんで」

 いくら子供とは言えいい加減気付きそうだがここまで誘いを断られるということは、やはり脈なしなのだろうか。

「そうか……。帰るところを呼びとめて悪かったね」
「お礼はいらないんですけど、今日の相手、僕じゃ駄目ですか?」
「えっ」

 うぶで何もわかってない子供だと思っていたが、俺の勘違いだったようだ。

「近くのホテルでいいですか?」

 彼の問いに俺は黙ってうなずいた。