FC2ブログ

いおや(2/2)

2016.05.25.Wed.
<前話はこちら>

 僕は父さんの腰に足を巻きつけた。単調な動きに合わせて尻を動かす。奥で父さんを締め付ける。一回でなんて終わらせない。

 肘をついて頭をあげた。反射的に離れようとする父さんの肩を掴んで起き上がる。父さんの腰に座る形の対面座位。近くで顔を観察できる。

「父さん、キスして」
「断る! 俺のことを父さんと呼ぶな!」
「真治さん」
「ふざけるな!」

 父さんは目を吊り上げた。

「絵美の真似をして俺を呼ぶな! 虫唾が走る!」
「だったらキスして! 真治さん真治さん真治さん真治さんっ」

 僕を黙らせるために父さんは嫌々唇を合わせた。ただ押さえつけただけのキスで、唇はがっちり閉じられている。仕方なく表面を舐め回した。なんとか隙間を作れないかと舌先を動かすが頑なに閉じられるだけだった。

 父さんの胸に手を当てた。乳首を弾くと手を叩き落とされた。逆に手を掴んで僕のちんぽに押し当てた。

「僕をあと1回イカせてくれたら今日はもう許してあげる。この条件が飲めないなら、証拠の動画と一緒に母さんに全部話す」
「動画?」

 父さんは部屋を見渡した。撮影機器を置いておけそうな棚やタンスの上は目を凝らしていた。見つけられずに、僕に視線を戻した。

「動画なんて撮っているのか?」

 父さんを縛り付けるための嘘だ。信じた父さんは眩暈でも感じたように軽く体を揺らした。打ちひしがれた様子でしばらく言葉を失っていたが、何か思いついたようにしっかり僕を見据えた。

「それは、君が俺に乱暴されたと主張することが嘘だという証拠になる」

 とうっすら口に笑みを浮かべる。意識的というより自然に零れ出た笑みに見える。

「確かに、父さんに強/姦されたとは言えなくなるね。でも動画を見て母さんが平気でいられると思う? 大事に育てて来た息子が、義理の父親を犯してよがりまくってるところを見て正気でいられる? 愛する夫が自分の息子相手にちんぽおっ立てて、最後は中出ししちゃうところを見て、これから先も夫婦生活を続けられる? 僕はどっちでもいいんだ。父さんが僕を拒むなら、全部ぶち壊すつもりなんだから」
「この、悪魔め……!!」

 どうあっても行く先は地獄しかない。父さんもそれがやっとわかったみたいだ。今度は僕が微笑み返して、油断していた唇にキスした。逃げられないよう頭を掴んでめちゃくちゃに口の中を舐め回した。

「やめ……っ……ろ……ッ!!」

 頭髪を掴んで引きはがされた。引っ張られた頭皮が痛い。さっき打たれた頬は痛みは引いたが腫れぼったい感じがしている。実際顔が腫れているのだろう。ここまで嫌われているのかと思うと笑えてきた。

「あと1回。これが僕からの絶対条件。あ、そうだ。第3の選択肢があった。僕を殺す。好きなのを選んで」
「……正直、君を殺したい……でも、出来るわけないだろう……!!」

 父さんはまた目を充血させながら、押し殺した声を吐きだした。

 父さんの手によって殺されるなら本望だったのに、残念だ。

「あと1回だな。1回出せば、もうこんな狂った真似はやめてくれるんだな」
「今日のところはね」
「だったら後ろを向いてくれ。君の顔を見たくない」
「バック? それ好きな体位」

 喜ぶ僕を見て父さんの眉間の皺がさらに深くなった。顔を見られないし、こちらから父さんに触れることはできないけれど、犯されてる感が強くて僕は後背位が好きだ。

 腰を引く父さんの上から退いてベッドにうつ伏せた。肩越しに振り返ると父さんが自分のちんこを掴んで僕の尻の間に入れようとしているのが見える。挿入しやすいように尻を持ち上げた。硬くて熱い父さんの勃起ちんこが僕の奥深くまでズブズブと入ってくる。

「あぁぁ……ぁあんっ……イッ……ちゃいそぅ……」
「早くいけ」

 パンパンパンと父さんが腰を振る。前立腺をゴリゴリやられて、ちんぽもシーツに擦れるからすごく気持ちがいい。

「ぜん、りつせ……んっ! そこ、もっとしてっ……父さんのおちんぽで僕のいいとこ、いっぱい、突きまくって……!」
「お断りだ」
「そのほうが……早く、終わるのに……?」

 考えるような間のあと、父さんは「どこだ、ここか?」と色々角度をかえた。

「んっ、ちがっ……あっ、いまの! そこ! あっ、あは! そこ気持ちいいっ! 父さんのおちんぽ、僕の前立腺に当たってる! はあぁん、気持ちいい!」
「いちいち……言うな……ッ」

 父さんの息遣いが乱れて浅い。父さんも気持ちよくなってくれているのかと思うと嬉しくて頑張って締め付ける。

「父さん……、大好きだよっ……! あはぁっ……あ、あん! あぁん! おちんぽ熱くて硬くて気持ちいい! 父さんはどう? 僕のけつまんこ気持ちいい?!」
「汚らしい言葉を……使うな……!」

 声も低くなっている。射精の瞬間が近いのかもしれない。

「僕のちんぽ、もう……ヌルヌルッ……イッちゃうっ……父さんに中出しされたら、僕もうイッちゃうかも……!!」

 父さんが後ろから抱きついてきた。首を捻ってキスをねだったら、頭を布団に押さえつけられた。枕の時と同じ、こちらが窒息しようが気にかけない強い力だ。

「早く終わらせてくれ!」

 悲鳴みたいに叫んでピストンの速度をあげる。僕の頬に父さんの荒い息遣いがかかる。必死に横目で父さんを見ると、眉間に皺を寄せて、歯を食いしばって目を閉じていた。

 ギュッと骨が軋むほどに体を抱きしめられた。父さんは呻きながら射精した。ビュッビュッと大量の熱い精液が僕の中に注がれる。父さんは僕の中に出してくれた。

 射精後、手の力が抜けた。いまだ、と父さんに顔を近づける。唇まで届かず、髭がチクチクする頬を舐めた。

「やめろ。俺は終わったぞ」
「僕はまだだよ」
「……だったら手でしてやる」
「じゃあ、このまま抜かずにキスしながら手でして」
「つけあがるな」

 舌打ちしながらも父さんは僕の顎に手をかけると可動域なんか気にしないで自分のほうへ向け、嫌々を隠さずキスしてくれた。キスしやすいよう半身を起こすと、父さんの手が僕のペニスを握った。

 動きかけた手が一瞬止まったのは、射精したかのようにグチョグチョに濡れているからかもしれない。でも最後には諦めたようにゴシゴシ扱きだした。

 父さんのちんぽを挿入されたまま、僕の体には精液を溜めたまま、父さんにキスされながらちんぽを扱かれている。信じられないほどの幸福感に包まれて、危うく達してしまいそうになる。

「はぁ……あっ……ん……ふっ……」

 全部味わいたくて父さんの舌を吸ったり食んだり舐めたりする。父さんは投げやりに舌を絡めてくれる。

「あふっ……あぁ……っちゃ……父さ……ん! 僕、あっ……イッちゃう……!!」

 父さんの手に手を重ねて僕は射精した。父さんの手越しでも射精の勢いが伝わるほどたくさん吐きだした。父さんは手に出される生温かい液体の感触に顔を顰めている。

「これでもういいだろう」

 疲れたように呟くと、僕の中からズルリと抜け出て体を起こした。僕に背を向けてベッドに腰かける。

「これきりだ。もう二度としない。君が高校を卒業するまでは養育者の義務として面倒を見る。だが、卒業後はこの家を出てもらう。君が出て行かないなら、俺が出て行く。君とは親子になれない。君の声を聞いているだけで反吐が出そうだ」

 サイドボードに置いてあるティッシュで手を拭いながら、父さんは淡々とした口調で言った。もう怒りさえ通りこしてしまった心境なのかもしれない。

「僕は父さんから離れる気はないよ」
「君の意見は聞かない」
「僕を追い出そうとするなら母さんに全部バラす。動画をネットにあげて、父さんの仕事先の人たちにも、近所の人たちにも、世界中の人に見てもらう!」

 ゴミ屑を見るような目で僕をちらっと見ると、父さんはため息をついてベッドから腰をあげた。

「俺の考えはかわらない。家族のふりをするのは卒業までだ」

 父さんは寝室を出た。遠ざかる足音を聞きながら、僕はベッドに寝転がった。父さんの枕に顔を埋める。落ち着く匂いだ。

 今回のことで父さんの警戒心はかなり高まった。もう迂闊に僕と二人きりになる時間は作らないだろう。母さんが一緒でもなかなか油断はしてくれなさそうだ。

だが卒業までまだ半年以上ある。父さんの考えを変えるには充分な時間だ。僕は絶対に諦めるつもりはない。




BANBA BURGER

スポンサーサイト
[PR]

いおや(1/2)

2016.05.24.Tue.
※無理矢理。やおい。

 母さんが出かけたのを見届けたあと、僕は母さんたちの寝室へ向かった。

 そっと扉を開けるとカーテンのせいで中はまだ薄暗い。中央にベッド。耳を澄ますと、かすかに寝息が聞こえて来る。頬が持ちあがって勝手ににやついてしまう。

 静かに服を脱いで布団の中にもぐりこんだ。投げ出された足に跨り、スウェットのズボンとパンツをゆっくり脱がせる。ボロリと零れ出た父さんのペニス。鼻を近づけにおいを嗅ぐ。

 根本のところを掴んで立たせた。フニャリと横に倒れる。舌でそれを迎えに行って口に含んだ。まだまだ柔らかいものを口蓋に押さえつけ、おしゃぶりのようにしゃぶった。吸うように口で扱いていたら、やっと父さんが目を覚ました。

「……絵美……?」

 寝惚けた父さんの声。よく感じてよ。このフェラは母さんじゃないでしょ。

「光司!」

 やっと気付いた父さんの切羽詰まった声と同時に布団をはぎ取られた。僕は父さんのちんこをおしゃぶりしながら上目遣いに微笑みかけた。

「おはよ」
「なっ、なにをしているんだ! やめなさい!」

 逃げようろする父さんの腰に抱きついて、ちんこにむしゃぶりついた。ジュボジュボと音を立てながら、根本と雁首まで激しく往復する。寝起きで動きの鈍い父さんは、僕を引きはがそうと頭を押したり肩を押したりするだけで結局なすがまましゃぶられて、最終的に完全に勃起させた。

 僕はそれに頬擦りした。

「母さんは同窓会で夜まで戻らないし、今日はいっぱいセックスしようね、父さん」
「馬鹿なことを言うんじゃない! 親子で! そんな!」

 父さんの顔はちんこと同じくらい赤黒い。あんまり興奮すると血管切れちゃうよ。

「血は繋がってないじゃない。それに、初めてでもないでしょ」
「あれは……! あの時はっ……光司が……俺を酔わせて……! ロープで縛って……!」

 赤く充血した父さんの目が涙で滲み始めた。本当にうちの父さんは可愛い。

「今日もロープで縛って欲しい?」

 父さんは目を見開いて絶句した。もう僕のこと、母親思いの優しい義理の息子だとは見れない目。自分の理解の外、人外のものでも見るような目だ。

 二週間ほど前、用があって母さんが実家に帰った夜、酔わせた父さんを縛って犯した。その時に、初めて会った中一の時からずっと好きだったと告白した。どうしても僕のものにしたかった。母さんには申し訳ないけど、双方で父さんを悦ばせてあげられるから、ある意味、理想の家族じゃなんじゃないかなぁ。

「どうしてそんなこと言うんだ」

 と父さんは顔を歪める。

「どうしてなんて、前に説明したじゃん。父さんが好きだから。他に理由なんてないよ。父さんが好きだから僕のものにしたい。セックスしたい。ありきたりな動機だよ」

 手の中のちんこが萎え始めてきたので舌を出してベロンと舐めた。

「やめろっ、やめなさいっ!」

 ぐいと僕の頭を押してくる。やっぱり起こす前に縛るべきだったかな。

「そうやっていつまでも抵抗するなら僕にも考えがあるよ。母さんに全部、バラしてやるから」
「……ッ!!」
「息子がホモで、しかも自分の再婚相手が好きだなんて聞いたら、母さんショック受けちゃうだろうね。しかもすでに一度セックスしたなんて知ったら。離婚かな? 母さん、父さんと結婚できてすごく喜んでたのに。母さんきっと泣いちゃうね。夫を寝取ったのが息子だんなんて、心が壊れちゃうかも」
「光司、君はそれでも……っ……絵美の息子なのか?! 母親を悲しませて平気なのか?!」
「平気じゃないよ。いつまでも仲良く三人で暮らしたい。それが僕の希望」
「だったらこんなことしちゃいけないってわかるだろう! 一番母さんを裏切る行為だ!」
「父さんも同罪なんだよ」

 逃がさないよう、父さんの腰の上に座り、ゆっくりちんぽを扱いた。

「忘れたなんて言わせない。酔ってたとしても、縛られていたとしても、確かに父さんは僕のなかでイッた。大きくしたコレで僕の中を犯しまくって最後にはたっぷり僕に種付けしてくれたじゃない」
「言うな、言わないでくれ……」

 手で顔を覆うと父さんはついに泣きだしてしまった。僕が犯したあの日みたいに。

 あの日も最初は混乱して僕を説得しようとしたり怒ってみせたりしたけど、僕の中に入った途端、涙を流して「やめてくれ」と懇願を始めた。騎乗位で僕が腰を動かすと父さんは中でさらに育って大きくなった。

 最初は嫌がってしてくれなかったキスも、顔が涙と鼻水でグチャグチャになった頃には受け入れてくれた。僕は父さんのちんこでどれほど気持ちよくなっているかを伝えた。父さんにも気持ちよくなってもらいたくて一生懸命腰を振ったし締め付けた。その甲斐あって、父さんは僕に中出ししてくれた。

 最後には僕を受け入れてくれた証だ。

「あの日のことは忘れたい。正直、君を息子だと思いたくない。顔も見たくない。絵美が大事だから一緒に暮らしているだけだ。こんなこと、もう二度としたくない」

 顔を隠す手の下からポロポロと涙が零れ落ちる。僕は体を倒してそれを舐めとった。父さんの体がビクリと硬直する。指の間から目が合った。

「そんなに酷いこと言うなら、母さんに全部話さないとね。父さんのちんぽが僕の中を何度も出たり入ったりして、最後には大量のちんぽミルクを中出しされたって」

 にこりと微笑みかけると、父さんは顔を背けた。

「卑怯だ、君は卑怯者だ」

 僕に犯されてから父さんはよそよそしかった。母さんが気付くほどに。だからちょっとした親子喧嘩をしたと嘘をついた。「でもすぐ仲直りするよ」って、母さんが安心する笑顔を見せて、父さんには「バラしたら父さんに犯されたって遺書書いて死ぬから」と脅した。

 父さんは母さんに何も言わなかった。母さんに知られることを何より恐れていたし、僕の嘘が嘘だと証明しきれないことをわかっていたから。

「手段を選ばないのは認めるよ。でも恋する者はみんなそうでしょ?」

 父さんのちんこに手を添え、尻にあてがった。ハッとした顔で父さんが振り返る。ベッドに手をついて逃げようとするから急いで腰を落とした。前もって準備しておいたとは言え、潤いが足りなくて無理矢理入れたから少し傷ついたかもしれない。

「…ッ……うっ、くぅ……んん……あはあ……あ……いきなりは……きつい、ね……」
「なんてことを……なんてことをっ!」

 絶望の顔つきで僕を睨みつける。こっちは急な挿入で慣れるのに忙しいっていうのに。

「でもこの苦しみさえ、父さんから与えられると思うと嬉しいよ。父さんが僕の中にいる。はっきりその存在を感じる。ほら、父さんも感じるでしょ?」

 キュッキュッ、と父さんを締め付けた。快感の波がゾクゾク僕の体を震わせる。父さんも眉間に皺を作って短く息を吐きだした。

「くっ……やめ……やめなさい、今すぐ、抜きなさい!」
「二択だよ。このまま続けるか、母さんに洗いざらい全部喋るか。選んで」
「絵美は関係ないだろう!」

 大声を出されるとその振動がちんこから伝わってくる。僕は父さんの腹の上でゆっくり腰の上げ下げを始めた。そんな僕に父さんは汚物を見る目を向ける。

 こんなに人を軽蔑しきった父さんの顔、母さんはきっと見たことがないだろう。僕だけが知っている表情。これからすべてをさらけ出してもらう。全部、僕が暴いてやる。

「母さんには幸せなままでいて欲しい。父さんもそうでしょ? だったら選択肢は1つしかないと思うんだけど」

 グプッグチュッと結合部から音が聞こえて来た。父さんは僕のなかでさらに大きくなっている。

「こんなっ……狂ったこと! 早く終わらせる!! それでいいんだろ!」

 いきなり胸を押されて僕は後ろへ尻もちをついた。逃げられる! と咄嗟に起こそうとした僕の体を、父さんが押さえつけた。期待と興奮に震えながら父さんを見上げる。父さんは僕の尻に抜けたちんこを再度挿入した。その弾みで射精してしまいそうだった。

「これが望みなんだろう!? これで満足か?!」

 涙を流して怒鳴りながら勃起したちんこを出し入れする。乱暴で少し痛いが、父さんが自ら動いてくれて感動だ。

「父さんのおちんぽ! あぁぁっ、ああん! そうだよ! それでいいんだよ! 僕のなかいっぱい擦ってよぉっ!」
「黙れ! 黙ってろ!」
「あっ! あ、あっ! あぁぁんっ! もっと、もっとおちんぽして! 気持ちいいの! 父さんのおちんぽ、気持ちいい!」

 ただ怒りと憎しみを叩きつけるだけの動作でも、僕は全身気持ちがよくて軽い絶頂なら何度もあった。あまりに敏感になりすぎて、ほんとならちんぽを扱きまくって出したいところだが、それすら怖いくらいだ。

「あぁんっ、あっ、ああぁ!! 当たってる! 父さんのおちんぽ、僕の前立腺! ゴリゴリって! やあぁぁっ、あっ、あん! あん! 駄目! 強すぎて、もうイッちゃう!! 父さんのおちんぽでイッちゃう!!」
「黙らないか!」

 枕で顔面を思いっきり叩かれたあと、それで顔を押さえつけられた。強い力で鼻と口を塞がれて息が出来ない。少し顔をずらしてなんとか空気を吸いこむ。父さんが本気で怒っている。あの穏やかな父さんが。

「…ヒッ……ア……!! アァッ……あぐ、う、ぁああっ……!!!」

 頭が真っ白になり、僕は射精した。尿道を灼熱の精液が駆け抜ける。その刺激が痛気持ちよくて絶頂が続いた。

「……光司……? 光司?!」

 射精のあとも僕の体が硬直を続けることに心配したのか、父さんが枕をどかせた。完全アヘ顔の僕を見て、心配顔がまた侮蔑の表情にかわる。

「イッちゃった……父さんのおちんぽ、気持ちよすぎて、僕もうイッちゃった……」

 笑いかけると見るに堪えないというように目を逸らされる。

「もういいだろう!」

 と父さんは動きを止めた。

「駄目だよ。父さんまだイッてないじゃない。ちゃんと僕の中にいっぱい中出しして。今日は母さんが帰ってくるまで抜いちゃ駄目だよ」
「ハッ、頭がおかしい! 言ってることがめちゃくちゃだ。正気じゃない!」
「ねえ早く動いて。父さんのギンギンに勃起したおちんぽから、いっぱいザーメン吐きだしてよ。それとも一回目は僕の口に出す? 父さんのおちんぽミルク、飲ませてくれる?」

 唇を噛んだ父さんに思い切りビンタされた。頬が破裂したように痛い。手加減なしだ。

「これ以上なにも喋るな。こっちまでおかしくなりそうだ!」

 これが最後だ! と叫ぶと父さんは乱暴に腰を打ち付けて来た。投げやりで機械的。とにかくさっさと終わらせようって魂胆が見え見え。





三角オペラ 第1話