FC2ブログ

彼はセールスマン(2/2)

2015.11.15.Sun.
<前話はこちら>

 この事務所は隣を倉庫として使っているので池田を責める玩具は文字通り売るほどある。その中の一つの手錠で池田の手を拘束し、媚薬入りローションで肛門を解し、前立腺バイブを突っ込んだ。

「んんっ、あ、あ、ああぁぁ……!!」

 前立腺をゴリゴリに押された池田が、ソファの上で身悶える。ビクビク震える平らな胸にローションを垂らし、ローターを乳首に当てた。

「あぁっ、や、だ……やめて…っ…嫌だ、ぁあ……んんっ」

 今度は勃起したペニスにオナホを嵌めてやった。グチュグチュと音を立てながら扱くと池田は声をあげなら射精した。それでも手を休めず動かし続けた。

「や、ん……めて……! もぉ……やめ……ああぁ……っ!」

 数分後に2度目の射精をした。小さいローターをオナホに仕込んで放置し、今度はバイブを手に取った。いろいろ角度をかえ、池田の前立腺を刺激する。

「やだっ、あ、あんっ……も…お…休ませて……っ!」
「こんなに感じやすい体で、よくいままで女相手にヤレてたな」
「はぁ……あっ、あぁんっ……いや、だぁ……手……止めて……」
「ホモビデオを撮るか? そっちのほうがお前には合うかもいれないな」
「いや……っ……だ……許して……もう…限界、なんです……!」

 許しを請う目が俺に向けられる。その目が一瞬、俺を通り越して壁の時計を見た。時間が気になるようだ。もしかしたらこのあと、誰かと待ち合わせをしているのかもしれない。

 相手は誰だ。これまで数えきれないほどの女と寝ていたが、恋人は作らなかった。個人的に親しい人間なんて、俺以外に知らない。この仕事から足を洗いたくなる相手はいったい誰なんだ!?

「女の相手に飽きたなら、別の仕事をやる。営業でも事務でも撮影現場でもいい。玩具を売り歩いたお前なら新商品の開発にも向いてるかもしれない。お前のやりたいことをやらせてやるから、残って俺を助けてくれよ」

 池田は苦悶の表情で首を横に振った。

「結論を急ぐ必要はないだろ。じっくり話し合おうぜ、お前の気がかわるまで」

 バイブを引き抜いた。

「新商品を試してみよう。これはピストン運動と射精機能がついてるんだ。吸盤素材のカバーを外して先端にローションを仕込めば、セットした時間がくると中出しする」

 カバーを戻してローションを垂らし、池田のアナルに嵌め込んだ。さっきとは違う形に、池田の体がビクビクを跳ねた。

「タイマーは15分後にセットしておいた。それまでよく考えてくれ」

 スイッチを入れたら池田の中でバイブが暴れだした。内側が高速で前後に振動し、外側はワンテンポ遅れたリズムで前後運動する。頑丈なシリコン素材だから破れる心配はない。

「ひ、い……あっ……ああっ……あぁんっ……先輩っ……止めて……くださ……いっ……」
「ついでに使用感の感想も聞かせてくれ。気持ちいいか?」
「あ、あはぁあ……って……る……当たって……いい……きもちぃ…!」

 こんな状況でも律儀に教えてくれる。オナホを握って扱いてやった。

「ああぁ!! だめっ、せんぱ……あぁっ、あんっ! 扱かな…で…だめ……!!」

 ゆっくり扱きながら、ローターで乳首を責め続けた。

 池田は髪を振り乱して喘いだ。
 苦しいと言ったが無視した。
 もう出ないと言ったが続けた。
 池田の顔も体も上気して赤く染まっていた。
 汗で髪が張り付いていた。
 喘ぎっぱなしで口の中がカラカラなのか声も掠れて来た。
 乾燥した唇を舐めて潤してやった。
 そのまま口を塞いで舌を入れたが、応えてくれなかった。
 もう何も考えられないような状態に見えた。

 気付くと肛門を犯していたバイブが静かになっていた。故障かと思って引き抜いたら先からローションが垂れ落ちた。信じられなかったがあれから15分が経過していたようだ。

「なぁ、残ってくれるだろ? 辞めるなんて言わないよな?」

 充血して潤んだ目がぼんやりと俺を見る。焦点は合っていないが、しっかり俺を見ながら池田は強情にも左右に首を振った。頑固な態度にさすがに苛立ってきた。

「今度はSM用の道具を使ってみようか? お前は毛嫌いしてたけど」

 表情をかえて狼狽する池田を見て満足してしまう。隣の部屋からいくつか見繕って持って戻ると、逃げようとしたのか池田がソファからずり落ちていた。抱き起してソファに戻す。

「まだ時間はあるだろ?」

 このあと誰かに会いに行く気だろうが、行かせてやるものか。お前を最初に見つけたのはこの俺なんだ。俺のそばに一生いればいいんだ。

「カメラの前では勃たないって言ってたな? ほんとかどうか試してみるか」

 スマホを出して池田に向ける。池田は顔を背けた。嫌がる素振りに興奮する。池田のことが好きなのか、本当は嫌いなのか、自分で自分がわからなくなってくる。

「録画するぞ。ほら、こっちを向け」

 池田の顎に手をかけ強引にこちらを向かせた。嫌悪の滲む冷たい目が俺を見た。猛烈に「好きだ」と言いたくなった。誰かが扉をノックしなければ、本当に言っていたかもしれない。

 池田のことに没頭しすぎていてノックの音に気付くまでに少し時間が要った。外の誰かは大きめのノックをしてきた。無視していれば諦めて帰るだろうと思っていたが、そいつはドアノブを回した。ゆっくり扉が開いて行く。

 客が直接ここへ来ることはない。可能性が高いのは在庫を切らした従業員だろう。この状況の言い訳を必死に考える。新商品を試していた? 池田が自分で使ってみたいと言い出した? どれも不自然で怪しまれる。適当な言い訳なんか何も思いつかない。

 固まる俺の目の前で扉が完全に開き、学ランの男子高校生が中に入って来た。アダルトショップだと勘違いしたのか? 止める間もなく、高校生は一直線に池田の元へと駆け寄った。

「なにやってんだよ」

 高校生は学ランを脱ぐとそれを池田の体にかけた。そして振り返って俺を睨み付けて来た。

「おい、あんたもこの人の客か?」

 この高校生は池田の知り合いらしい。池田の仕事を知ってるということは客だろう。男にも売っていたのか。確かに需要はあるだろうが。

「俺はここの責任者で、そいつはここの従業員だ」

 俺の言葉を確かめるために高校生が振り返る。池田は頷いた。

「どうしてここがわかったんだい?」
「浮気アプリ、あんたの携帯に仕込んどいた」
「勝手なことを。僕は許可してないぞ」
「でも役に立った。ここで何してたのさ」
「新商品を試して欲しいと頼まれたんだ」

 俺を庇う池田の言葉に驚いた。

「どうしてあんたが。もうこの仕事は辞めるんじゃなかったのかよ」
「辞めるよ。今日で最後だ。そこの鍵を取ってくれ」

 高校生はテーブルに置いてあった鍵を見つけ、池田の手錠を外した。自由になった腕を、池田は高校生の首に巻き付けた。それを見て、さっきの言葉は俺を守るためじゃなく、この高校生のための嘘なのだと気付いた。

「昨日は一週間分出したからもう無理だって言ってなかった?」

 オナホを取り外し、その中を見て高校生が池田に詰め寄る。ただの客じゃない。二人はそういう関係なのだ。

 池田はバツの悪そうな顔でオナホを取り上げ、ゴミ箱めがけて放り投げた。そんな顔も、乱暴な仕草も、俺は初めて見るものだ。ショックだった。

 池田が仕事を辞めると言い出した原因はこいつ。きっとこのあと会うつもりだったのもこいつ。

「疲れたんだ。文句ならあとで聞くから、今日はもう帰りたい」

 と高校生に抱き付く。当然のようにそれを抱き留める高校生に殺意が湧いた。そこのガラス製の灰皿でぶん殴ってやろうか。

 高校生は池田に服を着せると、肩を貸しながら立ち上がった。体中ローションまみれで、精液臭い池田に嫌な顔一つしない。「タクシー呼ぶね」と耳打ちしたついでに、池田の頬にキスなんかしてる。

「先輩、今までお世話になりました」

 池田が頭を下げてきた。

 引き留めたい気持ちはたっぷりある。でも引き留める言葉は、二人を目の前にして何も出て来なかった。二人は壁の向こうにいた。

 二人が事務所から出て行く。俺は睨んでくる高校生を睨み返すことも出来なかった。もともと俺は、そんな立場じゃなかったのだ。




スポンサーサイト
[PR]

彼はセールスマン(1/2)

2015.11.14.Sat.
過去話<俺のセールスマン僕はセールスマン

※主役以外と無理矢理系、玩具挿入、セールスマンの名前は池田

 最近こっちの仕事は他の奴に任せていたから、事務所にいるなんて何か月ぶりだろう。欠伸をしながらそんなことを考えていたら、戸を叩く音のあと池田が中に入って来た。

「いま起きたって顔ですね」

 きっちりした身なりで涼しげに笑いながら指摘しやがる。

「お前が辞めるなんて言い出したから眠れなかったんだぞ」

 本当は別件で寝る時間が遅くなっただけだ。その分昼まで寝ていたが。俺の嘘に慣れっこの池田は鼻で笑った。

「まさか引き留められるとは思いませんでした」
「一応ここの責任者なんだから、優秀な社員が辞めるって言い出したら止めるだろ」
「留守が多いから、最近の僕の営業成績をご存じないんでしょう」
「悪いのか?」
「この一ヶ月酷いもんです」
「スランプみたいなもんだろ。お前ならすぐ巻き返せる」
「この仕事に飽きました」
「まだ25なのに枯れたか?」

 まったくの見当違いだと言いたげに、池田は口角を持ち上げて薄い笑みを浮かべた。この顔だったな、と初めてこいつを認識した日のことを思い出した。

 池田は高校の後輩だ。読書部という俺の先輩が作った漫画を読むだけのクラブに実態も知らずに池田が入部してきた。少し調べればそこが素行のよろしくない連中のたまり場になっているとわかりそうなものなのに。

 入部してすぐそれがわかっても池田は退部せず、放課後になると律儀に顔を出した。漫画には興味がないようで自分が持って来た本を読んで静かに過ごしていた。

 家で読めばいいだろと誰もが思った。俺がそれを言うと、池田はさっきみたいな笑い方をして目を伏せた。男相手に性衝動を感じたのはこの時が初めてだった。

 池田は細身だがちゃんと男の体つきをしていた。顔だって不細工じゃないがイケメンでもない。でも肌が綺麗で、一度も染めたことのなさそうな黒髪は艶やかで、全体的に地味なくせに妙に色気を感じる表情をする。

 初めて抱いた感情に俺は焦った。下品な会話が飛び交う騒がしい部室の隅で、黙々と本を読んでいるだけの池田が気になって仕方なかった。

 我慢できなくなってこっちから色々話しかけた。憎たらしいことに池田は最小限の返事しかしない。それがますます俺の飢餓感を煽ったのだと思う。

 他の部員を早く帰るよう誘導して、池田に戸締りを任せて一旦校舎を出た。忘れ物をしたとベタな手を使って部室に戻り、帰る前と同じ姿勢で本を読んでいた池田に襲い掛かった。

 もちろん抵抗された。ビンタもされた。頭がおかしいと罵られた。無視して強引に事を進めた。むりやり捻じ込み夢中で腰を振ってあっという間に射精した。

 終わってから自分のしでかしたことに真っ青になった。溜まってただの、たまたまお前だっただのと本心じゃない最低な言い訳を並べてなんとかなかったことにしようと必死だった。

「誰にも言うなよ。こんなこと喋ったらお前も一巻の終わりだぞ」
「言いませんよ」

 服の乱れをなおしながら池田は冷静だった。ボタンを留める指を見てたらまた欲情した。きれいな爪をしていた。

「親にも、だぞ」
「親はいません」
「え?」
「小さい時に両親が事故で死んでからずっと施設です」

 他人事みたいに淡々とした口調だった。それを聞いて息が苦しくなるほど池田のことが愛おしくなった。

 こんなことがあったからもう部に出て来ないと思っていたのに池田はそれからも毎日通い続けた。俺に対しても普段通りの態度で、あれは夢だったのかと混乱するほどだった。

 夢か現実か確かめるためにまた池田を襲った。今度は抵抗されなかった。ただ、痛いので今度からちゃんと準備させて下さい、と言われただけだ。

 それから池田とは個人的につるむようになった。家に呼んで何度もセックスした。慣れてくると池田も感じるようになったのか喘ぐようになった。その声をもっと聞きたくて、池田の痴態を見たくて、あの手この手で池田を責めた。男の池田に夢中だった。

 大学に行って会う頻度は減ったものの、週末や長期休暇には、一人暮らしを始めた俺の部屋に泊まらせて寝る間も惜しんでセックスした。

 二年後に池田は高校を卒業して就職した。地元の中小企業。池田は半年ほどで社長夫人と不倫を始めた。それを知って俺は激怒した。思わず拳を振り上げたが、罪悪感を微塵も感じていない池田の顔を見て真実に気付かされた。俺たちは別に付き合ってるわけじゃなかった。

 池田に好きだと言ったことはない、池田から言われたこともない。溜まってたから、たまたまお前だったという、高校のときの言い訳を池田はずっと信じて疑わなかったから、俺は池田を殴る立場になかったのだ。

 俺が就活を始めた頃、高校の時の先輩にAV撮影の仕事を手伝えと言われた。そこでアルバイトしながら色々企画を出した。その一つに素人の人妻ものを滑り込ませた。

池田には内緒で不倫相手の社長夫人に接触した。不倫をバラされたくなければ、AV撮影に協力しろ、と。夫にバレるのがよほど怖かったのか、社長夫人はAVに出演することを選んだ。

 そのDVDを池田に見せた。お前が好きな女はこの程度なんだぞ、と。最後まで見終わった池田は、俯きがちに口角を持ち上げて薄く笑った。「それが?」と言いたげに。

「あの人に付き合ってたのは、いろいろ便宜をはかってくれるからです。社長にもこれを送ったんですか? じゃあ離婚かな。利用価値がなくなったら、僕もあの人に用はありませんよ」

 冷酷に言い放つ池田にゾクゾクした。こいつと他人との間には取り壊せない壁があるのだ。誰もその壁のなかには入れない。もちろん、俺であっても。

 社長夫人の離婚のゴタゴタで池田とのこともバレて池田はクビになった。その時俺がいまの仕事に誘った。

 最初は俺の秘書兼事務兼受付といろいろ雑務をやらせていたが、得意先の奥さまから急きょ呼び出しがかかった時、担当者がいなくて、電話を受けた池田が出向くことになった。

 次回から池田が指名されるようになり、外回りもすることになった。

 高級住宅街に住む奥さまや娘に実践つきで大人の玩具を売りつける。そのついでにAV女優を探し出す。両親を事故で失い施設育ちだった池田には、大人の女の保護欲を激しく掻きたてるフェロモンが出ているのか、驚くほど売り上げた。そして、性に貪欲な女を見つけて来るのが上手かった。池田の天職だったんじゃないだろうか。

 それなのに辞めるだなんて。

「しばらく男優のほうでAVに出るか?」
「僕はカメラの前では勃たないので」
「お前がスカウトしてきた奥さんと男優にお前が挟まれるAVなんてどうだ?」
「悪趣味ですね」
「お前に迷惑がかかるって言えば、最初ちょっとごねた女も素直に言うことを聞くようになるんだ。健気な奥さんたちを抱いてやれよ」
「僕には関係ないですよ」

 相変らず冷たい奴だ。だが俺はそんな池田に強く欲情する。

「久し振りにヤルか」

 池田のネクタイに手をかけると、うんざりした顔でため息をつかれた。

「疲れてるんですけどね」
「成績落ちてるのに?」

 池田は答えなかった。俺を見ない目は、何かを隠していた。いや違う、誰かを、だ。

「これは上司の命令だから」

 力任せにワイシャツを開いた。