FC2ブログ

Aからのメール(2/2)

2015.08.07.Fri.
<前話はこちら>

 昼休みになるまでほとんど上の空だった。Aが同じ職場にいるのは間違いない。もしかしたら大家かもしれないし、違う誰かかもしれない。

 それを探るために仕事をしながらずっと同僚の様子を観察していた。誰も彼もが怪しく見える。結局誰かわからないまま昼休みになり、俺は言われた通りトイレの個室で待つことにした。

 それらしい奴はなかなか来ない。みんな用を足すとさっさとトイレを出て行ってしまう。十分経って自分からAに『トイレで待っています』とメールを送ってみた。

 すぐに『そこでオナニーしろ』と返って来た。騙されているのかもしれないが、メールの内容に興奮して俺はベルトを緩めた。

 便座の蓋の上に座って昨夜のようにちんぽを握る。怯えているくせにもう先走りが出ていた。いつも以上に感度が増している気がする。ネクタイを緩め、ワイシャツのボタンを外した。中に手を入れ、乳首も弄った。

 誰かがトイレにやってきた。Aだろうか。気配に意識を集中させながら手を動かし続ける。外の人物はゆっくりした足取りで個室の前を歩いた。一番奥、俺のいる個室の前まできて立ち止まる。

「はぁっ……はぁ……はぁ……っ」

 潰れそうなほど心臓がどきどき高鳴っていた。呼吸は自然と乱れ、膝はブルブルと震えた。

 外にAがいる。いつもいやらしい命令をする俺のご主人様が。ちんぽを扱く手つきが早くなる。もう出そうだ。

 目を閉じ、歯を食いしばった。頭のなかが真っ白になっていく。達する寸前、立ち上がって蓋をあけ、便器の中へ射精した。出し切り、壁に手をついて呼吸を整えた。外の人物は物音一つ立てない。気配がない。水を流した後そっと顔を出したら誰もいなくなっていた。

 追いかければ見つけられるかもしれないと思い、手を洗うと急いでトイレを出た。すると先の角から大家が姿を現した。俺を見て軽く口の端を持ち上げる。やっぱり大家が?

「血相変えてどうしたんですか?」

 からかうように大家が言う。

「誰か、と、すれ違ったか?」

 緊張のせいか声が上擦った。

「いいえ? 誰も」

 と首を振る。誰かと対するときにいつも見せる無気力な笑みを滲ませている。見慣れた笑い方なのに、今日は意味があるように見える。

「市井さん、ネクタイ、歪んでますよ」
「えっ」

 大家が一歩踏み出し、俺のネクタイを掴んだ。キュッと首元で締め直すと手を離した。

「どうしたんですか。顔、真っ赤ですけど」
「う……」

 指摘されるとさらに顔が紅潮していくのがわかる。思わず俯いた。すると大家が「ふふっ」と笑い声をあげた。

「もしかしたらなんですけど、市井さんって俺のこと好きじゃないですか?」
「!!」

 反射的に顔をあげてしまった。否定しようとしたのに咄嗟のことで言葉が見つからない。そもそも大家の言う通りなのだ。

「やっぱそうですか」

 大家は笑みを濃くする。

 なぜバレたのだろう。自分がゲイだということはもちろん、大家に好意を持っているなんておくびにも出さずに仕事をしてきたつもりだ。確かに今日はじろじろ大家を見てしまっていたが、普通それだけで同性相手に好かれているとは思わない。バレるはずがない。大家がAでない限り。

 やはり大家がAなのだ。俺の願望なんかじゃない。それ以外考えられない。昨日送ったオフィスの様子で、大家は自分のデスクが使われていると気付き、その理由にも気付いてしまったのだ。

「誰にも言うつもりはないんで、安心していいですよ」
「お、俺は、なにをすれば……?」
「なにって……なにかしてくれるんですか?」

 俺は大家の腕を掴んでトイレへ引き返した。一番奥の個室へ連れ込み、鍵をかける。

「ちょ、市井さん、なにする気ですか?」
「大家の望むことなら、なんでも」

 跪いて大家のベルトに手をかけた。頭上から「まじかよ」という呟きが聞こえる。ズボンと下着をおろし、口を開いて大家のちんぽを迎えに行った。柔らかいそれを口のなかで愛撫する。

「市井さん、まじで俺のこと好きなんですか?」
「あぁ……大好きだ……大家のこれも……」

 少し硬くなってきたものを引っ張るように吸い上げる。唾液を絡めながら頬の粘膜を使って扱くようにしゃぶる。

「うまそうにしゃぶりますね」
「らって……大家のちんぽらし……おいひぃはらっ……」
「ははっ、なに言ってんのかわかんないですよ」
「口にらして……大家のセーシ、ほひい……!」
「後輩のザーメン口に出して欲しいんですか?」

 頷いたら頭を押さえ込まれた。奥までちんぽが挿し込まれる。大家は俺の咽喉の奥でちんぽを扱くように腰を動かした。遠慮のない道具みたいな扱いに興奮する。苦しくて涎を垂れ流しているのに、俺のちんぽは勃起する。

「気持ちいいですよ、市井さんのフェラ……っ」
「はぁ……んっ、んぐぅ……う、ぇ……ッ」

 大家の腰の動きが早くなる。口の中のちんこもパンパンに膨らんで今にも爆発しそうだ。

「出しますよ? 市井さん」

 うんうんと頷きながら強く吸いあげた。ドクンという脈動とともに生温い液体が口のなかに吐きだされる。大家の精子。大家の精液で口の中が汚されている。仕事場の男子トイレで。

「……っ!!」

 自分の手のなかで俺も射精した。



 俺がうがいをしている間に大家はトイレを出ていなくなっていた。もう少し話をしたかったのに残念だ。しかし焦る必要はない。毎日会社で顔を合わせるのだ。なかなか趣味の合うパートナーには巡り合えない。職場が同じだなんて奇跡のような出逢いだ。しかも俺がいいと思っていた大家がAだったなんて。

 顔がニヤけそうになるのを抑えこんで仕事場に戻る。もう昼休みも終わる時間でほとんどが食事から戻ってきていた。今日は昼食抜きになってしまったが構わない。

 大家は例の無気力な笑顔で女子社員と話をしていた。さっきトイレであった出来事なんかもう忘れたような様子だ。さすがは俺の見込んだご主人様だ。

 昼休憩が終わって仕事を再開する。携帯にAからのメールがきた。ああ見えて大家はマメな性格のようだ。

『尻軽の淫乱め。相手は誰でもいいのか?』

 メールの意味がわからず眉をひそめた。またすぐメールがきた。本文なし、画像のみ。画像を開いて息を飲みこんだ。

 手前に大家らしき男の頭と、その下で股間に顔を埋める俺の姿が写っていた。大家の両手は俺の頭を押さえ込んでいるので撮影は出来ない。それに、アングルとドアの上部が一部写りこんでいることから、これがトイレの外、ドアの上から撮影されたのだとわかる。撮られていたなんてまったく気が付かなかった。

 送り主は間違いなくA。ということは、大家はAではないということになる。ではいったい誰が……。

 またメールがきた。

『さっきの画像をばらまかれたくなかったら、今すぐそこでオナニーをしろ』

 顔から血の気が引いた。墓穴を掘ってAにホモだとバレてしまったこと。本物のAを間違えて怒らせてしまったこと。

『許してください。本当に大家がご主人様だと思って間違えてしまったんです。他のことならなんでも言うことをきくので、それだけは勘弁してください』

 メールを送ってしばらく待つと、Aから返信がきた。

『奴隷のくせにご主人様の言うことがきけないのか? 残念だ。画像をみんなに見てもらうことにしよう』

 読み終わるのと同時にパソコンの画面にメール受信の通知がきた。俺だけじゃなく隣にも、そのまた隣のパソコンにも同じ通知がきているようだった。

 俺は震える手でマウスをクリックした。




渇かないバイパスコート

スポンサーサイト
[PR]

Aからのメール(1/2)

2015.08.06.Thu.
※挿入なし、なんでもOKな人向け

『夜のオフィスでオナニーするんだ』

 ご主人さまのAからきた今週の課題メール。想像したら俺の中のMっ気が刺激されて興奮した。ネットでご主人様を募ったのは一ヶ月前。何通か送られてきたメールの中から、趣味の合いそうな一人を見つけて、やり取りを始めた。

 これまでも命令するメールは何通かもらって実行してきた。たとえば下着をはかないで会社に行ったり。完全に勃起させた状態で深夜のコンビニに行って買い物したり。

 今回は仕事場でオナニー。AVなんかでよくあるシチュエーションだ。今日は俺がやるのだ。誰もいないオフィスで。ちんぽを出して。扱くのだ。考えただけで勃起して先が濡れそうだ。

 だらだらと仕事をしてわざと残業する。一人、また一人と退社していき、フロアには俺一人になった。

 辺りを見渡してからズボンのチャックを下げる。そっと中に手を入れて緩く扱く。もう熱い。もう固い。
 普段人がたくさんいる仕事場での行為。その背徳感。と同時に感じる解放感。たまらなくて癖になりそうだ。

 Aにオナニーを開始しましたとメールを打つ。しばらくして写メを送れとメールがきた。勃起ちんこの写真を撮りメールに添付して送った。会社だという証明のため、少しだけ周りの景色も写りこませておいた。

 顔も名前も知らない、会ったこともない他人に卑猥な画像を送りつける。そのことも興奮材料になってオナニーは捗った。

 机の下で隠れるようにしていたのをやめ、通路のど真ん中で扱いた。息遣いをわざと荒くした。

 どうせなら、大家のデスクでやってやろうと移動した。大家は2歳年下の後輩で、俺の好きなタイプの男だ。大家に蹂躙される場面を想像しながら右手を動かす。

 ――市井さん、男にケツ掘られるの大好きなホモだったんですか? ちょっと気持ち悪いっすね。俺のちんぽで気持ちよくならないで下さいよ。動くのやめますよ?

「アッ……あぁっ、いや、だ……やめないで……ッ」

 大家のデスクにカウパーを擦りつけながら、尻に突っ込めるものはないかと目で探す。ペン立てに大家がいつも使っているノック式のボールペンを見つけた。こんなもの入れたら傷つけてしまう。かと言って他に入れられそうなものはない。仕方なく突っ込むのは諦めて大家のボールペンを口に咥えた。舌を絡ませながら手も動かし続ける。

 ――そんなもの舐めて美味しいですか? ほんとは俺のちんぽしゃぶりたいんじゃないんですか?

「……舐めたい……大家のちんぽ、しゃぶって精液…飲みたい……っ」

 ――ド変態じゃないですか。じゃあ市井さんのケツマンに中出し種付けしたら、俺のちんぽ舐めさせてあげますよ。好きなだけしゃぶっていいですよ?

「嬉しぃ……っ……俺、に……中出し、してっ……いっ…ぱい……大家の欲しい……精液、大好き……!」

 我慢できなくなって自分の指をうしろへ持って行った。中指を出入りさせながらギンギンにまで膨らんだちんぽを扱く。

 また携帯が鳴ってメールが届いた。先走りでベトベトになった右手でメールを開く。動画を録って送れとあった。スマホを書類ケースに立てかけて、俺は言われた通り動画を撮影した。

「はぁ……あぁん……気持ちい……オナニー気持ちいいっ……あぁ……あんっ」

 大家の椅子に腰かけ、レンズに向かって大股を開いてオナる。イク、イクと言いながら射精した。大家の机の上に俺の吐きだした精液がベットリ。それも撮影してからAへ動画を送った。次はどんな指示がくるだろう。胸を高鳴らせながら後始末をして待っていたが、それきりメールはこなかった。少し物足りない気もしたが、大家のデスクでオナニーしたことに満足してその日は帰宅した。

 

 翌日いつものように出社して仕事をしていた。自然と目が大家を追う。大家はなにも知らずに、俺が昨夜オナニーして精液を出した机で仕事をしている。なにか考えこんボールペンで唇をトントン叩いている。俺が咥えて唾液まみれにしたボールペンだ。股間が勝手に硬くなってくる。

 じっとりと見ていたら大家と目が合ってしまった。急いで目を逸らし、仕事を続けた。昨日、大家に犯される想像をしながらオナッたせいで、前以上にあいつのことが気になるようになってしまった。

 チラチラと大家を盗み見しながら仕事をしていたら、机に置いておいた携帯が振動した。誰かと思えばAからだ。

『仕事中?』

 そうです、と手短に返す。

『昨日、オナニーした場所だろ? 思い出してちんぽ弄ったりしないのか?』
『思い出すけど、仕事中だからできません』
『やってみろよ。昨日みたいに』

 動画が添付されていた。周りを確認してから開くと、大股開きでちんぽを扱く俺が再生される。大家のデスク。飛び出す精液。机を汚す白濁。胸がきゅうと狭まる感覚。下腹部に血液が集まる。俺だって弄りたい。

『ドMの変態なら出来るだろ?』

 今度は画像が添付されていた。自分の送ったものだと思って開いたら心臓が止まりそうになった。画面に映し出されているのは仕事中の俺の姿。いつ撮られたのかわからないが同じフロアの、かなり近い距離から撮られた写メだった。いま着ているものと同じ服装。つまり今日。

 Aが近くにいる!

 咄嗟に周囲を見渡した。みんな仕事をしている。普段通りの態度で。しかしこの中にAがいるのは確かだ。最初から俺だと気付いてメールしてきたのか? 昨日送ったオフィスの様子で俺だと気付かれただけなのか? 騙されているのかもしれないという恐怖がこみあげてきて動悸が早くなる。

 また携帯が振動した。

『俺を探しているのか? 会いたいなら昼休みにトイレの一番奥の個室で待っていろ』

 顔をあげてぐるりと辺りを見た。俺に注視している人間はいない。同僚はみんな自分の仕事をこなしている。ふと大家に目をやった。パソコンに向かっていた大家も、俺の視線に気づいたようにこちらを見た。そして小さく会釈を寄越す。

 まさか。まさか大家が。
 もしご主人様が本当に大家ならそれこそAV並みの設定じゃないか。

 ありえないと否定しつつも、その可能性を期待してしまう自分がいる。大家がAなら。俺は、何をされても喜んでしまうだろう。