FC2ブログ

当ブログについて

2034.02.14.Tue.
お越しくださりありがとうございます。
こちらは谷脇終生が管理運営しているオリジナルBL小説ブログサイトです。
BLとはボーイズラブのことで、男同士の恋愛ものばかりです。

エロメインの内容となっておりますので、18歳未満、学生の方の閲覧はご遠慮下さい。
露骨な単語のオンパレードですので、免疫のない方、不快感を抱く方も閲覧は控えたほうがよろしいかと存じます。
ご気分を害されてもそこは自己責任でお願いします。

荒し目的の方はお帰り下さい。
著作権は放棄していません。掲示板への転載、リンクはおやめください。

いわれのない誹謗中傷には傷つきます。
ご意見、ご感想はありがたく頂戴いたしますが、ここの注意書きを無視した内容のものや、悪意しか感じられないものは反応しようがありません。

誤字脱字やリンク不備などありましたら教えて頂けるととても助かります。

BLサイトに限りリンクフリーです。報告も必要ありません。
貼るも剥がすもご自由にどうぞ!
ご報告いただいたサイト様とは相互リンクさせていただきます。相互募集中です!



禁止やお願い事ばかりとなってしまいましたが、皆さまに楽しんで頂くためでもありますので、ご協力よろしくお願い致します。

開設2014年2月14日


続きを読むで小説リスト表示

【続きを読む】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

OVERDOSE (7/11)

2020.09.24.Thu.


 10月1日。鉄雄の店がオープンする日だ。鉄雄はわりと好みの男だし、陣内も来るかもしれないから出かけることにした。

 濃紺のスカジャンを羽織ってきたが、夜になると急に冷え込んで肌寒い。鉄雄の店が駅から遠ければ帰っていたかもしれない。

 扉をあけると喧騒と熱気が顔を撫でた。今日オープンの店の中は客でひしめきあっていた。みんな顔見知りなのだろう、笑いが溢れている。

 店のカウンターに座るヒシが、戸口に立つ俺に気付いて手をあげた。

「北野さん、こっち!」

 その声に急に店内が静かになった。みんなの視線が俺に集まる。なんだ?

 店の一番奥の席に案内された。

「わざわざ来てもらってすみません」

 鉄雄が小さく頭をさげる。

「開店おめでとう」
「ありがとうございます。まだ見習いですけどね」

 そういえば店の名義は鉄雄の父親だとヒシが言っていたっけ。確かにまだ20歳そこそこの鉄雄が一人で店を開けるはずはない。

「それより、なんでみんな俺を見るのかな」

 ひそひそと耳打ちしあって俺を見ている。あまり気分のいいものではない。

「そりゃあそうですよ」

 ヒシが隣に座って言った。

「北野さんは、あの陣内さんを足に使った人ですからね」
「足?」
「このまえ陣内さんに迎えに来させたでしょう。俺らがそんなことしたらただじゃ済みませんよ。病院送りですもん」

 あの酔った日のことか。俺は随分命知らずなことをしたんだな。ボスを足に使った俺をみんなは見ていたわけか。

「あの日は俺も酔っていたからね」

 言い訳するように言った。

「それで、ジンは来てるのか?」
「ついさっき帰りました。忙しいらしくて、いたのは一時間くらいです」

 と、鉄雄が言う。入れ違いか。つくづく俺とは相性が悪いらしい。

「北野さん、何か飲みますか」
「そうだな、じゃあ、ジンバックを頼むよ」
「わかりました」

 次第に店に喧騒が戻っていく。ほっとした。あんなふうに注目されていたら酒が飲みにくくて仕方がない。陣内はいつもこの注目の中にいるのか。よく息が詰まらないものだ。あれは生まれついて人の上に立つ人間なのだろう。

「鉄雄、あんまり北野さんに酒飲ますなよ、この人酔うとキス魔になるからな」

 ヒシの言葉を聞いて赤くなってしまった。そういえば、ヒシにもキスしたことがあったっけ。

 この前酔って陣内に迎えに来てもらった時も、我慢出来ずに陣内にキスをした。きっと陣内は俺が酔っ払ってキスしただけだと思っているだろう。確かに酔ってはいたけれど、あれは確信を持ってしたキスだった。酒の力を借りたとは言え、ずいぶん大胆なことをしたものだ。陣内もよく怒らなかったなと今更ながら思う。

 陣内を慕う連中が俺のまわりにやってきて話しかけてきた。陣内とはどういう知り合いなのかと聞かれ返答に困った。とりあえず同じジムに通っていたと話した。

 ヒシが余計なことを言った。俺がジムにやってきた陣内をのしたことを話したのだ。あれはもうだいぶ前の話。今の陣内をKOできる自信はない。それでも話を聞いた連中はそれを真に受け、驚きと尊敬の目で見てくる。俺のガラじゃなくて面映ゆい。

 俺が美容師だと知ると店に行ってもいいかと言う。断る理由もないからOKした。また陣内のおかげで客が増えた。

 その後、陣内の武勇伝のような話を延々聞かされた。みんなが一度は陣内の世話になっているようだった。そして彼を心から尊敬し慕っているのが感じられた。陣内が褒められると俺まで嬉しかった。



清宮さんが好きすぎる
関連記事